当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
新型コロナウイルス感染症特設サイト タイトル

医療機関向け

一般・歯科医療機関向けチラシ・ポスター「新型コロナウイルス感染症の症状がある場合は、来院前にお電話を」(2020年3月24日版)

 一般医療機関・歯科医療機関向けのチラシです。内容は、新型コロナウイルス感染症の疑いのある患者に対して、事前に医療機関に電話連絡するよう注意喚起するものです。
 原稿はA4サイズですが、拡大印刷すると院内掲示用ポスターとして使用可能です。

一般医療機関向け

PowerPoint:85KB  PDF:202KB

一般医療機関向けチラシ「来院前にお電話を」

歯科医療機関向け

PowerPoint:84KB  PDF:181KB

歯科医療機関向けチラシ「来院前にお電話を」

 

更新日:2020年3月25日

医療機関・福祉施設に対するマスクの配布、消毒用エタノールの優先供給(2020年4月3日更新)

1-1 県の方針

  • 2020年4月 3日 特措法に基づく鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部(第2回)決定 会議資料
  • 2020年3月27日 第11回鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部会議決定 会議資料
  • 2020年3月17日 第8回鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部会議決定 会議資料
  • 2020年3月13日 第7回鳥取県新型コロナウイルス感染症対策本部会議決定 会議資料

 

1-2 県の主な対応

(1) 医療機関向けマスク

 ア 県備蓄分

 院内感染を防ぐため、国の対策に先駆けて、県の備蓄マスクを提供済み。

  • 医療機関  220,000枚
  • 歯科医師会  10,000枚
  • 帰国者接触者外来等 N95マスクやゴーグルなどの防護具

 

 イ 国配布分

 医科診療所、歯科診療所、薬局へのマスクの配布については、県が作成した計画に基づき、各地区医師会、各地区歯科医師会、県薬剤師会各支部を通じて、対象の機関に配布しています。

(2) 福祉施設向けマスク

 ア 県備蓄分

 福祉施設等における施設内感染を防ぐため、国の対策に先駆けて、県の備蓄マスクを福祉施設に40,000枚提供済み。

 

 イ 国配布分

 今後、国から布製マスク約110,000枚(見込)が配分される予定であり、施設の職員や利用者に「1人1枚」を基本に、県の備蓄状況や各施設のマスクの在庫状況等を勘案して配布予定。

 

(3) 手指消毒用エタノール

  • 鳥取県には約1,600リットルが配分され、感染症指定医療機関等を中心に、まず医療機関に配布済み。
  • 国に対して約3,000リットルを供給要請中で、4月以降順次配布予定、。

 

2-1 政府の基本方針

 

2-2 厚生労働省等の主な対応

(1) 健康・医療

 

(2) 社会福祉

 

(3) マスク、消毒液等全般

 

更新日:2020年4月6日

新型コロナウイルス感染症入院医療トリアージセンター

 新型コロナウイルス感染症患者が大幅に増大した場合に、入院患者の受け入れを調整するため、2020年3月23日付けで、「鳥取県新型コロナウィルス感染症入院医療トリアージセンター」を設置しました。
更新日:2020年3月25日

医療関係者の皆さまへのお願い

 医療機関においては、感染が疑われる患者を診察した場合、院内感染対策を取るとともに、速やかに保健所へ御連絡いただきますようお願いします。
更新日:2020年2月7日

新型コロナウイルス感染症の疑い患者の定義

 ※2020年3月7日更新。

 次のいずれかに該当し、かつ、他の感染症又は他の病因によることが明らかでなく、新型コロナウイルス感染症を疑う場合。ただし、必ずしも次の要件に限定されるものではない。

  • 発熱または呼吸器症状(軽症の場合を含む。)を呈するものであって、新型コロナウイルス感染症であることが確定したものと濃厚接触歴があるもの
  • 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に 中国湖北省及び浙江省、大韓民国大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡及び軍威郡並びにイラン・イスラム共和国 コム州、テヘラン州及びギーラーン州 に渡航又は居住していたもの
  • 37.5℃以上の発熱かつ呼吸器症状を有し、発症前14日以内に 中国湖北省及び浙江省、大韓民国大邱広域市、慶尚北道清道郡、慶山市、安東市、永川市、漆谷郡、義城郡、星州郡及び軍威郡並びにイラン・イスラム共和国 コム州、テヘラン州及びギーラーン州に渡航又は居住していたものと濃厚接触歴があるもの
  • 発熱、呼吸器症状その他感染症を疑わせるような症状のうち、医師が一般に認められている医学的知見に基づき、集中治療その他これに準ずるものが必要であり、かつ、直ちに特定の感染症と診断することができないと判断し(感染症法第14条第1項に規定する厚生労働省令で定める疑似症に相当)、新型コロナウイルス感染症の鑑別を要したもの
更新日:2020年3月7日