当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

PCB使用安定器の調査に御協力をお願いします

PCB使用安定器について

 ポリ塩化ビフェニル(PCB)を使用している業務用照明器具の安定器(蛍光灯、水銀灯などの照明器具の部品)は、令和3年3月31日までに全て廃棄処分することと法律(※1)で定められています。

・PCBについて:環境省ホームページへ

 

 昭和52年3月以前に建築、改修された建物で使用された業務用照明器具には、PCBが含まれている可能性がありますので、該当する建物をお持ちの場合は速やかな調査をお願いします。

調査方法(PDF 440KB)

(その他、調査の参考となる資料を下記「2.判別資料」に掲載しています。)

 

※1:ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特措法)

※2:PCB使用安定器の調査やLED照明器具へ交換する場合、環境省の補助事業が活用できる場合があります。下記「4.調査・交換に関する補助」を御確認ください。

 

 

 

 

鳥取県・鳥取市ではPCB使用安定器のアンケート調査を実施しています

 PCB使用器具を設置または保管されている可能性のある、昭和59年以前に操業を開始された、または平成元年9月以降NTTタウンページへ継続して電話番号を登録されている事業者の方を対象(※)に調査票をお送りしています。

 まだ御回答をただいていない事業者様については、趣旨をご理解いただき、回答をお願いいたします。

  インターネット(とっとり電子申請)で回答される方はこちらへ

※:調査票送付の有無に関わらず、昭和52年3月以前に建築された建物に事業用の蛍光灯や水銀灯を取付けている場合は、PCB使用安定器の有無をご確認ください。

1.調査票送付内容

  1. 依頼文(PDF 175KB)
  2. 調査票(A3版片面)(PDF 260KB)
  3. 調査方法(A3両面)(PDF 440KB)

 

 調査方法に関する関連情報

調査票イメージ

 ■使用中の照明器具は、感電のおそれがありますので、調査はなるべく電気工事業者や専門の調査会社等(建物の維持管理を委託している場合はメンテナンス会社)に相談するなど、安全な方法で実施してください。

■建物の竣工図書、過去に調査した記録等で調査内容を確認できる場合は、それをもとに調査票にご記入ください。

■処分期限を過ぎてPCB廃棄物をお持ちの場合には、改善命令・罰則の対象となる可能性がありますのでご注意ください。

2.判別資料

安定器にPCBが使用されているか判別する際に役立つ資料です。御活用ください。

 

1 PCB使用安定器の判別方法(環境省九州地方環境事務所福岡事務所)(PDF 3.7MB)

   ※各メーカーごとの判別方法などをまとめた資料です。

 

2 容易にPCB不使用安定器を判別する方法(下記(1)、(2)): JESCOのHPへ

(1)三角逓(さんかくてい)番号(sankakutei_bango)によるPCB不使用安定器の判別方法

(2)裸安定器(コンデンサーがない安定器)の判別方法

※安定器の銘板の記載番号(三角逓番号)や外観から、PCB不使用を判別する方法が掲載されています。

 

3 照明器具のPCB使用安定器の調査方法(動画) (外部リンク)

   ※蛍光灯器具のカバーの外し方など、調査方法が動画で解説されています。

3.掘り起こし調査に関するQ&A

4.調査・交換に関する補助

環境省において、中小企業等を対象とした補助事業が実施されます。(令和2年度限り)

補助事業の概要(PDF 667KB)

 

※補助事業の詳細は、下記1の(一財)栃木県環境技術協会へお問い合わせください。

 

1 お問い合わせ先

(一財)栃木県環境技術協会(環境省委託先)

(1)ホームページ:http://tochikankyou.com/hojo/index.html

(2)電話番号:028-671-1781

(3)メールアドレス:tochikankyou.hojo@nifty.com

2 対象事業者

中小事業者等

3 公募期間

令和2年5月7日(木)から令和3年1月29日(金)午後3時まで

4 補助金の額

(1)PCB 使用照明器具の 調査費用の 10分の1(上限50万円)

(2)LED照明器具への交換費用の 3分の1

5.調査によりPCB使用安定器が見つかった場合

1 鳥取県への届出について

 新たにPCB使用安定器が見つかった場合は、まずは保管・使用の状況について届出書の提出をお願いします。

・届け出についてはこちら

2 処分について

 高濃度PCB廃棄物は、中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)への登録、処分委託契約及び高濃度PCB収集運搬事業者との収集運搬契約が必要です。

・中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO)ホームページへ

・収集運搬事業者(JESCO入門許可業者)の一覧

 

※鳥取県の本年度のJESCOへの集中搬入時期令和2年6月と9月に予定されており、各事業者の方のPCB廃棄物を集中して受け入れます。この時期の搬出では、収集運搬にかかる費用が、他の時期に比べて割安となる可能性があります。

※届出を怠った場合や法定処理期限を超えてPCB廃棄物等を所持していた場合は、法に基づく行政処分等の不利益処分の対象となることから、当該調査にご理解、ご協力をお願いします。

3 処分に関する補助制度など

(1)処分費用の軽減制度

中小企業者等に該当する事業者の方は、JESCOでの処理料金が減額となる場合があります。

詳しくは、下記までお問い合わせください。

・問い合わせ先:中間貯蔵・環境安全事業株式会社(JESCO) (JESCOのホームページへ

・電話番号:03- 5765-1197

 

(2)処理費用の貸付制度

PCB廃棄物の処分費及び収集運搬費に対する日本政策金融公庫の貸付制度があります。

詳しくは、下記までお問い合わせください。

・問い合わせ先:日本政策金融公庫(日本政策金融公庫のホームページへ

6.掘り起こし調査を語った詐欺にご注意ください!

鳥取県・鳥取市が行う掘り起こし調査において、以下のようなことはあり得ません。

・県・市の職員または、その委託会社が直接金銭を要求すること

・掘り起こし調査に係る調査票に回答しないことをもって、罰則が適用されること

・金銭を支払うことにより、法定処分期限が延長されること

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000