ロシアにおけるテスト販売説明会

 北海道総合商事(株)が、ロシアでの日本製品のテスト販売についての説明会を大阪(大阪駅前第3ビル)、鳥取(とりぎん文化会館)、島根(島根県民会館)の三会場で行います。

 ロシア ウラジオストクの一等地にある郵便局に併設されている店舗で6か月のテスト販売の後、売れ行きを見て、最大でロシア全国にある約4万2千店舗の郵便局での販売に関する事業について、北海道総合商事から御説明します。

 なお、鳥取県は、鳥取県ウラジオストクビジネスセンターの運営について、北海道総合商事(株)に委託をし、ビジネスマッチングなどの支援を行っています。

  

日時・場所

大阪会場

日時:12月5日(水) 14時~17時

開催場所:大阪駅前第3ビル 22階 鳥取県関西本部交流室(大阪市北区梅田1-1-3-2200)

鳥取会場

日時:12月6日(木) 14時~16時30分

開催場所:とりぎん文化会館 2階 第2会議室 (鳥取県市尚徳町101 -5)

島根会場

日時:12月7日(金) 14時~17時

開催場所: 島根県民会館 308会議室(島根県松江市殿町158)


ロシア郵便局でのテスト販売企画

プロジェクト概要

販売の様子(ウラジオストク中央郵便局)

 ロシア ウラジオストクの一等地にある郵便局に併設の店舗において、日本製品専用コーナーにて商品を販売いたします。納品後6か月の売れ行きを見て、ロシア全土にある郵便局約4万2千店での販売を提案します。対象品目は、日用品を中心に検討しております。

ロシアポストとは

 ロシアで郵便事業を行う国営企業で2018年10月に民営化。約39万人の職員が雇用されており、ロシア全土で約4万2千店舗ほど運営されております。日本の郵便局と大きく異なる点は、郵便局に小売店が併設され、雑貨・日用品を中心に販売しており場所によっては市民の生活に欠かせない店舗としての役割を果たしています。
 2018年に北海道総合商事(株)の子会社、ぺガスHCとロシア郵便との間で日本製品の供給契約を結び、北海道総合商事(株)は日本製品のロシア向け輸出業務を請け負っております。

全体スキーム

ロシア郵便での販売スキーム

ポイント

(1)販売先の拡大機械

 人気のある日本製商品は、半年で100万個以上の発注が入っています。郵便局全店への導入が決まった場合は、販売先の拡大に繋がります。

(2)輸出入業務の負担

 北海道総合商事はロシア向けの輸出入の実績が豊富であり、スムーズな輸出入対応をさせていただきます。同社はロシアに現地法人を設立しておりますので、メーカー様の出張・貿易業務等は不要となります。

問合せ先

北海道総合商事 株式会社

TEL:011-232-1113011-232-1113

E-mail:sales@hkdc.co.jp


問い合わせ

案内

申込方法

参加申込書を以下の申込先までお送りください。

商品規格書

※商品規格書を事前に御記入の上、個別相談会に御参加いただけると、よりスムーズに相談をすることができます。

お問合せ・申込先

鳥取県 商工労働部 通商物流課 担当:村山、松原

TEL:0857-26-76610857-26-7661

FAX:0857-26-8117

Email:tsushou-butsuryu@pref.tottori.lg.jp

なお、島根会場での説明会への参加申込については、以下のリンク先の島根県ホームページより、参加申込書をダウンロードの上、島根県しまねブランド推進課にお申込みください。

https://www.pref.shimane.lg.jp/industry/syoko/sangyo/boueki_sokusin/index.html

また、テスト販売企画の詳細に関するお問合せは、上記の北海道総合商事(株)までお願いします。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県商工労働部通商物流課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-76600857-26-7660    
    ファクシミリ  0857-26-8117
    E-mail  tsushou-butsuryu@pref.tottori.lg.jp