インターネットの機器更新のため、とりネット等鳥取県のホームページが10月17日(水)午後9時から午後11時まで閲覧できなくなります。

「森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク」設立記念シンポジウムの開催

 平成30年4月17日に鳥取県、長野県、広島県の3県が発起人となって設立した「森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク」 の設立記念シンポジウムを平成30年10月22日(月)に開催します。
シンポジウムの内容はチラシをご確認ください。→チラシ(PDF:321kb)
お申し込みフォーム(外部リンク)
  

シンポジウムの概要

 
  

日時

平成30年10月22日(月) 14時30分~17時45分

場所

東京大学本郷キャンパス 安田講堂(東京都文京区本郷7-3-1)
 アクセスマップ(東京大学公式サイト)→ https://www.u-tokyo.ac.jp/ja/about/campus-guide/map01_02.html

主な内容

・発起人挨拶
・自治体取組紹介
・基調講演

「日本の教育の未来」~森と自然の中での育ちと学び~
 尾木直樹(教育評論家、法政大学特任教授)

・活動紹介

「新たな幼稚園教育要領・保育所保育指針等から見る幼児期の自然体験活動の促進について」
 鈴木みゆき(独立行政法人国立青少年教育振興機構理事長)
「保育・幼児教育の質を高める園庭づくりについて」~園庭の充実と地域資源活用のススメ~
 秋田喜代美(東京大学大学院教育学研究科教授)
「森と自然を活用した保育・幼児教育を巡る、官学民の新たな潮流について」
 沖修司(公益社団法人国土緑化推進機構専務理事)

・パネルディスカッション


主催

森と自然の育ちと学び自治体ネットワーク
(正式名称:森と自然を活用した保育・幼児教育推進自治体ネットワーク)
 共催:公益社団法人 国土緑化推進機構
 後援:東京大学大学院教育学研究科附属 発達保育実践政策学センター