当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

世界的な彗星ハンター・本田実氏

本田実氏

 鳥取県出身の世界的な彗星ハンター、本田実(ほんだ みのる)氏を御存知ですか?
 本田実氏は大正2年、八頭町(旧八東村)で生まれました。少年時代から星に興味をもち、生涯に12個の彗星、11個の新星を発見。当時の現役世界最多記録を樹立しました。『星取県』が生んだ、偉大なアマチュア天文家です。


本田実さんの功績をたたえる展示をしています(鳥取県庁風除室)。 New!

8月26日には、鳥取が生んだ世界的彗星ハンター 本田実さんの命日です。

その日に合わせて、鳥取県では本田先生の功績をたたえ、鳥取県庁第1庁舎風除室に本田実コーナーを設置しております(8月28日まで)。

お近くにお寄りの際は、ご覧いただけたらと思います。

展示コーナー

戦地での星空観察の状況を日本の研究者に送った手紙(複写)や、自作の詩などを展示しています。

プロフィール

 

  •  1913(大正2)年2月26日、八頭郡八頭町(旧八東村)生まれ。
  • 少年時代から星に興味をもち、少年雑誌の広告に載っていた28ミリシングルレンズを購入して望遠鏡を自作、土星の環や木星の衛星を観測しました。
  • 17歳のころ、神田茂著「彗星の話」を読み、日本人に彗星の発見が非常に少ないことから、自身で彗星捜索を決意します。
  • 1941(昭和16)年から全国初の民間天文台である倉敷天文台(岡山県倉敷市)に着任。1981(昭和56)年には私費で観測所「星尋山荘(せいじんさんそう)」を岡山県賀陽町に建設しました。
  • 生涯、彗星探しに専念し、名前がつけられた本田彗星をはじめ12個の彗星、11個の新星を発見。当時の世界記録を樹立しました。
  • 1990(平成2)年8月26日、倉敷天文台内で永眠。
  • 八東町名誉町民 及び 岡山県倉敷市名誉市民。
  • 県内の有志による「本田実顕彰会」が2017(平成29)年に設立されました。また、八東小学校には、本田氏ゆかりの望遠鏡が現存しています。

 

生涯と主な賞歴


 1913年2月26日 鳥取県八頭郡八東村(現 八頭町)に農家の長男として誕生
 1941年4月1日  倉敷天文台の台員として着任
     7月30日  慧(さとる)さんと結婚
     8月1日  兵隊として戦地に赴任
 1942年5月    戦地でグリグ・スキェレルプ周期彗星を独立発見
 1946年5月    復員
 1947年11月14日  戦後初めての新彗星「本田彗星」を発見
 1952年      「財団法人倉敷天文台」主事に着任
 1968年     12個目の新彗星発見で現役で最多となる(当時)
 1970年2月14日  初めての新星「へび座新星」を単独発見
 1981年6月16日  岡山県賀陽町(現 吉備中央町)に観測小屋を建設
 1988年10月3日  上記の観測小屋を「星尋山荘(せいじんさんそう)」と命名
 1990年8月24日  星尋山荘にて1,453回目の観測(これが最後の観測となる)
 1990年8月26日  77歳で永眠


【主な賞歴】

 1940年10月4日  ドノホーメダル※を受賞(その後も受賞(合計4回))
  ※アメリカの太平洋天文学会が新彗星の発見者に贈った発見賞のメダル
 1949年      第1回岡山県文化賞、第6回中国文化賞を受賞
 1963年11月    紫綬褒章を受賞
 1985年12月20日 鳥取県八東町名誉町民賞を受賞
 1987年6月    フランス天文学会百周年記念賞を受賞
 1990年8月26日   倉敷名誉市民賞を受賞

【終了しました】八頭町で星空観察会が開催されます

本田氏の業績と遺徳をしのび、八頭町で星空観察会が開催されます。お誘いあわせの上ぜひお越しください。

  1. 日時 令和元年8月18日(日)午後6時から受付(観察は午後9時まで)
  2. 場所 旧八東小学校グラウンド(八頭町東328)(曇り・雨天時は室内で本田実さん及び星の話)
  3. 内容 座学及び夏の星座観測   
  4. 持ち物 飲み物、上履き。天体望遠鏡数台と星座早見表が準備されています。お手持ちのものをご持参いただくこともできます。   
  5. 主催 八東地区公民館
  6. 後援 はっとう星の観望会、本田実顕彰会、鳥取天文協会   
  7. 問合せ先 八東地区公民館 電話0858-84-3001

第3回はっとう星の観望会チラシ.pdf(98KB)