当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
メンテナンスのため、9月27日(日) 8時45分~14時10分(予定)の間、閲覧できない状態が数回発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

中学生ポップコンテスト~本のポップをつくるときのポイント~

ポップって?

本アイコン本のポップとは…
読んだあなたが、その本を読んだことのない人に、 その本の「何」に「どう」心を動かされたかを短いフレーズに思いを込めて伝えるものです。(感想文ではありません。)


<作成例>



どんな風に作るの?

(1)まず、「伝えたい言葉」を探してみましょう

自分が伝えたい「感動」「面白さ」を、できるだけシンプルに(=むずかしい言葉を使わずに)表現できる言葉を探しましょう。自分はなぜその本を面白いと思っているのか、感じたことをたくさん書き出してみましょう。


(2)つぎは「キャッチコピー」にしてみましょう

ここからは、本を読んで感じ、書き出したいくつかの言葉の中から、自分がいちばん推したい言葉に行きつく作業です。
思い浮かべ書き出した言葉を整理していくと、 一番自分の気持ちにピッタリくるフレーズがだんだん見えてくると思います。
どんなフレーズにしたら、その本を読んだことのない人が興味を持ってくれるでしょうか。


(3)さあ、ポップを作ってみましょう

いちばん伝えたい言葉(キャッチコピー)は、思い切って「大きめに」書きましょう。目安としては、ポップの台紙の3分の1くらいのスペースを使うイメージです。
字や絵の上手下手は関係ありません。ゆっくり丁寧に、がポイントです。
自分の伝えたい気持ちに合う色やデザインを考えてみましょう。


どうしたらいいか迷ったら…

学校図書館の先生に相談してみましょう。
街の本屋さんに置いてあるポップを参考にしてみるのもいいですね。

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000