メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

2021年5月25日

2021年5月25日沖底@県営境港市場

 本日は、沖底船は田後船2隻、境港と網代船各1隻の計4隻の入港がありました。

 ハタハタの測定をするため、4時過ぎから市場に行きました。場内に発泡スチロール容器の山が見えました。その山はずばりハタハタでした。早起きして来た甲斐がありました。銘柄「とろはた」のラベルも数多く見えました。

hata1 hata2

 年が明けてからハタハタがどんどん成長しているので、同じ銘柄でも、月ごとに体長組成が大きく異なります。より正確な組成を把握するためには、なるべく多く、出来れば、複数の船の水揚げ分を測定できるとなお良いです。ハタハタがよく成長しているせいか、今回、普段はあまりお目にかかれない、銘柄「とろはた」よりさらに大きい、銘柄「とろはた23cm」というものが出荷されていました。餌は、キュウリエソなどを食べていたようです。

hata3 hata4

 沖底では、ハタハタのほか、ヒレグロ、アカガレイ、クロザコエビのほか、数は少ないですがババガレイ、ヨロイイタチウオ、マトウダイなどが獲れていました。

yoroi baba

 沖底以外では、島根県の定置網で漁獲されたクロマグロがあり、迫力がありました。何と大きいものは185kgでした。

kuro kuro2

 そのほか、べにずわいかご漁船2隻の入港がありました。銘柄が正確に分かるようにコンテナには色違いのビニールテープが付けられていました。

beni1 beni2

 また、すくい網漁船も2隻水揚げしたところでした。マイワシとカタクチイワシの仔稚魚のようでした。

shirasu1 shirasu2

shirasu3 shirasu4

 shirasu5 sakai

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000