当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

沿岸もの市場日記

2018年11月09日

2018年11月6日賀露市場

 11月に入り最初の市場日記です。今日も赤いか(ソデイカ)が約160箱の水揚げがありました。先月に続き、外套長40cm前後の小型個体が全体の半数以上を占めており、65cm前後の大型個体は比較的少なかったです。漁師さんに話しを聞くと、沖に出れば出るほど小型個体が沢山いるとのこと。

akaika1 akaika2
akaika3 akaika4

 赤いかの次に多かったのが、釣りもののサワラです。一番大きいものは6.5kgありましたが、前日には8kgのものが揚がっていたそうです。

sawara1 sawara2

白いか(ケンサキイカ)は、最近まで連日100箱以上獲れていましたが、今日は約10箱と少なかったです。そのほか、ウマヅラハギ、マアジ、マダイ、ヒラマサが獲れていました。

aji umazura
hiramasa madai

 活魚では、ヒラメ、キジハタ、アワビ、サザエなどが獲れていました。

hirame kijihata
awabi sazae

 そのほか、変わり種では、2.6kg(全長55cm)のクエや10kgのコブダイが揚がっていました。これからの季節、海が荒れる日が多くなると思いますが、漁師の皆様の安全を心よりお祈り申し上げます。

kue kobudai