当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
 サーバのメンテナンスのため、9月21日(土) 0時~23日(月)18時の間、とりネットの一部コンテンツがご利用いただけません。詳細は、お知らせをご覧ください。

鳥取砂丘レンジャー日記

RSS 1.0
2011年7月」で絞込み

2011年7月31日

ネコノシタの秘密

先日の顕微鏡写真が好評であり、その第2弾を掲載します。

ネコノシタは、葉の表面にザラザラ感があり、その感触が「猫の舌」に似ていることより名前がつけられています。
そのザラザラは何か? を追求して顕微鏡を覗き写真を撮りました。
まず、ネコノシタが開花している様子です。
群生するネコノシタ  ハマニガナの花

問題のザラザラした葉っぱの写真です、この様な形をしており肉眼でもザラザラ感は見られました。
ハマニガナの葉

この葉を顕微鏡で覗いてみると、表面にはトゲの様なものが沢山見られました、まるでサボテンではありませんか!
顕微鏡写真1

横から見ると!
顕微鏡写真2

更に、拡大すると!
顕微鏡写真3  顕微鏡写真4

この様な、トゲ(?)で身を守っているのでしょうか?
どなたか、ネコノシタに何故トゲが必要なのか教えて下さい。

皆様も砂丘にお越しの際は、猫の舌の感触を体験して下さい。
(赤レンジャー)

砂丘事務所 2011/07/31

2011年7月30日

ジオツアー第4弾

鳥取砂丘魅力満喫ジオツアーをご存じですか?

鳥取県砂丘事務所では、鳥取砂丘の魅力を多くに人に知っていただこうと、鳥取砂丘魅力満喫ジオツアーを開催しています。

今月は、「夏休み自由研究サポートガイド」と銘打って、ジオツアーを開催しました。

夏休みに入ったばかり。夏休みと言えば、やっぱり自由研究ですね。その自由研究の”ネタ”をお出ししようというわけです。

生憎と今日は空模様が悪かったため、ジオパークセンターで講師の先生から自由研究の題材やポイントの説明。




雨もあがったようなので、いざ砂丘へ。

砂丘の中では、オアシスに流れる尻無川の水温を測ったり、砂丘植物の観察をしました。
残念ながら、ハサミムシやカワラハンミョウなどの生き物には出会えませんでしたけど・・・。




自由研究は何にするか決まったかな?

夏休みの間に、観察や測定に来てくださいね。そして、楽しい自由研究ができることを期待してますよ。


このサポートガイドは、8月6日にも実施します。
8月6日は、砂丘に吹く風について、測定したり、実験もします。
まだ、定員に達していませんので、是非申込みを!


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2011/07/30

2011年7月29日

違法採取防止パトロール

この鳥取砂丘は、大部分が自然公園法の特別保護地区に指定されていて、全ての動植物の捕獲、採取等が禁止されています(学術研究で国の許可を受けていればいいですが)。

今日は、この砂丘内で野生動植物違法採取防止パトロールが行われました。自然保護監視員や自然保護ボランティアの方も参加され、砂丘レンジャーも参加しました。

砂丘内で講師の説明を受けながら、いざパトロールへ。



砂丘内に生き物を採取する”わな”がないか見て回りました。結果、”わな”はなかったです。よかった、よかった。

さて、そのパトロール中にも生き物たちが姿を見せていました。

カワラハンミョウも数匹確認することができました。繁殖期をむかえているらしく、活発に行動しているようです。

他にもヤマトマダラバッタを確認。
普段は忍者のように砂と同じ色でカムフラージュしているのですが、今日見つけたものは緑色。カムフラージュになっていませんね。



ところがなんと、青色がかった色もヤマトマダラバッタも発見!



脱皮したすぐあとではないかと、講師の先生。
緑色も青味がかった色も、結構めずらしいそうです。


オアシスも無くなってしまい、カエルを見ることもできなくなってしまいましたが、砂丘の中には他にも生き物がいっぱいいます。
みなさん、砂丘内で生き物を見つけたら、捕まえたりしないで、暖かく見守ってくださいね。


おまけ。

オアシスの西側のハマゴウの花がきれいに咲いていました。ハーブのようないい香りも漂っています。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2011/07/29

2011年7月28日

ケカモノハシ

砂丘特有の植物でありながら、華やかさが無いためか、あまり話題にはならず、話題になっても根の部分のみのケカモノハシですが、穂の部分を見直してみました。

今は、丁度 花穂が出ており下の写真の様に色々な状態のものが見られます。
カカモノハシ1  カカモノハシ2

カカモノハシ3  カカモノハシ4

もっと詳細を見たくなり、この花穂を顕微鏡で観察してみました、下の写真です。
顕微鏡写真1

顕微鏡写真2

顕微鏡写真3

顕微鏡写真4

すごい、純白の羽根がキラキラと輝いています。 こんな、素晴らしいものを見過ごしていました。
でも肉眼で見られないのはチョット残念ですが、虫メガネで観察可能です。
是非、虫メガネ持参で鳥取砂丘にお越し下さい。

おまけの写真、ケカモノハシの花穂にカメムシ(?)が休んでいました。
ケカモノハシと虫

ケカモノハシ
イネ科の植物で、夏に白い毛に覆われた花穂を出します。 その花穂をつまむと2本に割れ、それが鴨のくちばしに見えることより、この名前がつけられました。
この植物の特徴は、たくましい根にあります。 よく発達したひげ根が砂を、がっしりとつかみ強風にも耐えられる仕組みをもっています。
この根は、かってコシの強いバリンぼうきに加工され利用されていました。

(赤レンジャー)

砂丘事務所 2011/07/28

2011年7月27日

最高のロケーションは砂丘だぁ~!

本日の鳥取砂丘は曇り空。午後からは風もあり、これでも夏?って思うほど涼しく感じられました。今までが暑すぎたのでしょうか、砂丘階段の辺りでは、せみが一生懸命に鳴いています。
・・やはり、夏はこれからですかね~?
(今日は風紋が広がっていました。)



この男性も、風紋の写真撮影です。皆さんのカメラの腕前は上級クラスまで上がったようですね?気になったらすぐ撮る事が大切です。

広い砂丘の中を散策すると、いろんな景色や決定的瞬間に出会えると思いますよ!




鳥取砂丘は午前と午後では天候が変わる事がよくあります。今日も午後からは雨降りでしたので、景色も変わっていました。

是非、ご自慢の写真を撮ってみてくださいね。そして、その時の様子などが人に話せるようになったら写真の腕前が上達した証しらしい・・と聞きました。

(青レンジャー)

砂丘事務所 2011/07/27

2011年7月
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

月別アーカイブ