メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

PCBの用途

 国内では、昭和47年までに約54,000t のPCBが使用されており、電気機器用の絶縁油、各種工業における加熱並びに冷却用の熱媒体及び感圧複写紙など、以下のとおり様々な用途に利用されていました。
 なお、現在は新たな製造が禁止されています。 

用途大別

製品例・使用場所

絶縁油

トランス用 ビル・病院・鉄道車輌・船舶等のトランス
コンデンサ用 蛍光灯・水銀灯等の安定器、冷暖房器・洗濯機・白黒テレビ・電子レンジ等の家電用、モーター用等の固定ペーパーコンデンサ、直流用コンデンサ、蓄電用コンデンサ
熱媒体(加熱と冷却) 各種化学工業・食品工業・合成樹脂工業等の諸工業における加熱と冷却、船舶の燃料油予熱、集中暖房、パネルヒーター
潤滑油 高温用潤滑油、油圧オイル、真空ポンプ油、切削油、極圧添加材



絶縁用 電線の被覆・絶縁テープ
難燃用 ポリエステル樹脂、ポリエチレン樹脂、ゴム等に混合
その他 接着剤、ニス・ワックス、アスファルトに混合
感圧複写紙 ノーカーボン紙(溶媒)、電子式複写紙
塗料・印刷インキ 難燃性塗料、耐食性塗料、耐薬品性塗料、耐水性塗料、印刷インキ
その他 紙等のコーティング、自動車のシーラント、陶器ガラス器の彩色、カラーテレビ部品、農薬の効力延長剤、石油添加物剤
※環境省パンフレット「ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の適正な処理に向けて」から抜粋
 

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000