塩素を含む物質(プラスチックなど)を焼却する過程などで発生するので、ごみの量を減らすことがその発生量を抑制する上で効果的です。
 また、一般的に低温での焼却においてダイオキシン類の発生量が多くなると言われているので、家庭用の簡易な焼却炉によるごみの焼却よりも、市町村のごみ焼却施設による焼却が望ましいと考えられています。
 これからは、私たち一人一人がダイオキシン問題に関心を持って、ごみを減らし、再利用やごみの分別・リサイクルに協力していくことが大切です。

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000