当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

決算の状況

一般会計決算

決算の認定(歳入歳出決算書)

都道府県財政比較分析表

財政比較分析表について (総務省ホームページ;各都道府県の状況も掲載)

歳出分析表

歳出比較分析表について (総務省ホームページ;各都道府県の状況も掲載)

主な財政指標

<経常収支比率>

 歳出総額の内の経常的経費に充当された一般財源の経常一般財源総額に対する割合です。財政構造の弾力性を判断する指標で、比率が高いほど財政構造の硬直化が進んでいることを表します。
○鳥取県の経常収支比率の推移(グラフ)(PDF文書35KB)

<公債費負担比率の推移>

 公債費に充当された一般財源の一般財源総額に対する割合です。財政運営の硬直性の高まりを示すもので、一般的には、財政運営上、15%が警戒ライン、20%が危険ラインとされています。

○鳥取県の公債費負担比率の推移(グラフ)(PDF文書41KB)

<実質公債費比率について>

 実質公債費比率は、自治体の実質的な借金が財政規模に占める割合のこと。数値が高いほど返済の負担が重いことを示します。平成18年度より、地方債については許可制度から協議制度へと移行されましたが一定以上に財政状況が悪化した団体については、これまでどおり地方債の発行に国の許可が必要とされました。このメルクマールとして導入された指標が「実質公債費比率」であり、これが18%以上の団体は許可が必要となります。
 地方自治体財政健全化法では、財政の健全度を診断する4指標の一つで、25%を超えると早期の健全化を求められます。
鳥取県の財政健全化法に関する健全化判断比率等の状況のページへリンク

リンク

地方財政制度 (総務省ホームページ)

地方財政状況調査関係資料 (総務省ホームページ)
  地方財政白書、地方財政統計年報 ほか