当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

あっせん員について

あっせん員

≪あっせん員≫

 トラブルの解決をお手伝いするあっせん員は、

  ○ 公益を代表する者(弁護士、学識経験者など)
  ○ 労働者を代表する者(労働組合の役員など)
  ○ 使用者を代表する者(会社の経営者など)


の三者によって構成されます。

あっせん員のイメージ


 あっせん員は、鳥取県知事から委嘱を受けた鳥取県労働委員会個別労働関係紛争あっせん員候補者の中から、紛争の内容や地域性等を勘案し、原則として、公労使各1名ずつが指名されます。

 公益を代表するあっせん員は公正な第三者の立場に立つ者であり、労働者を代表するあっせん員、使用者を代表するあっせん員も単なる利益代表ではなく、労働者と事業主双方の事情を正しく理解し、あっせんに反映させていく立場にあります。

 このように、異なる立場のあっせん員が複数であっせん活動に携わることにより、労働者と事業主双方の意向をより丁寧に反映させながら、公正で円滑なあっせんをまとめることができる利点を持っています。

 なお、条例により、あっせん員はあっせん事案に関して知り得た内容は、あっせん員である間はもとより、あっせん員を辞めた後も一切漏らしてはならないことになっています。

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000