当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

認定制度について

認定制度について

  • 被爆者健康手帳をお持ちの方が、原子爆弾による放射能が原因となって起こった病気やけがの状態にあり、現に治療を要する状態にあることを厚生労働大臣が認定する制度です。
  • この認定を受けた病気やけがの治療にかかる費用は、全額国の負担となります。
  • この認定を受けることは、医療特別手当や特別手当を受けるための要件の1つとなります。
  • この認定に関しては、平成25年12月16日付けで「新しい審査の方針」が原子爆弾被爆者医療分科会によって示され、現在、この方針に基づいて審査が行われています。
  • 認定を受けるためには申請書等の提出が必要になります。認定申請を希望される方は、被爆者援護に関するお問い合わせ先にご相談下さい。