当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

1 環境先進県に向けた次世代プログラム(平成20~22年度実行計画)

鳥取県では、鳥取県版環境管理システム(TEAS:テス)の創設や鳥取県駐車時等エンジン停止の推進に関する条例の制定といった県独自の施策を展開し、県民や企業の方々と共に環境への取組を進めてきましたが、県内の二酸化炭素排出量(2006年度実績)は、1990年度比で約10%も増加するなど、一層の取り組み促進が必要な状況となっています。
そこで、地球温暖化防止や循環型社会づくりなど、わが国をリードする環境先進県を目指し、県民との協働により環境活動を一層推進する「環境先進県に向けた次世代プログラム」を策定しました。

計画の期間

  • 平成22(2010)年度末までの3年間

2 環境先進県に向けた次世代プログラムの概要

(1)県民との協働による環境活動の新たな展開

  • 環境日本一とっとり県民運動の展開
  • 環境教育・学習の推進
  • 環境に配慮した活動を持続的に行うための仕組みの普及

(2)地球温暖化防止

  • 二酸化炭素等温室効果ガスの削減
  • 自然エネルギー等の導入
  • 森林等による二酸化炭素の吸収

(3)循環型社会の確立

  • 一般廃棄物(ごみ)の排出抑制、リサイクル率の向上
  • 産業廃棄物の減量、リサイクル率の向上と適正処理の推進
  • 環境産業の育成

(4)美しい環境を次の世代へ

  • 三大湖沼(湖山池、東郷池、中海)の保全再生
  • 自然環境の保全と野生動植物の保護
  • 環境資源を活用した魅力ある地域づくり
  • まちなみ景観の保全・活用
  • 環境にやさしい農業の推進
  • 森林の持つ多面的機能の向上


環境先進県に向けた次世代プログラム」本文(PDF:556KB)

「環境先進県に向けた次世代プログラム」ちらし(P:608KB)

アクロバットリーダのダウンロード


3 地球温暖化防止に向けた取組みでは次のような行動メニューを提案しています

次世代プログラムでは、日常生活において年間のCO2削減量が約1,600Kg、金額にすると約11万円の節約となる取組を提案しています。


4 「環境先進県に向けた次世代プログラム」への意見概要について

 「環境先進県に向けた次世代プログラム」に対し、パブリックコメントや意見交換会等により県民の皆様より多くの意見を頂き、ありがとうございました。頂きました意見を反映し、新たに次世代を見据えた行動計画を策定しました。

1 意見募集期間

 平成20年3月5日(水)から3月25日(火)まで

2 周知・応募方法

(1)周知方法

  • 報道機関への資料提供、新聞への広告掲載、ホームページへの掲載
  • 県庁県民室及び各総合事務所県民局・生活環境局の窓口での配布
  • とっとり環境ネットワーク及び市町村等関係団体への説明や照会

(2)応募方法

 郵送、ファクシミリ、電子メール、県窓口(県庁県民室、県民局、生活環境局)の意見募集箱への投函

3 提案件数

 37件

4 意見概要と県の対応方針

 募集意見結果概要(Pdf:182KB)