県内で行われているMaaSの実証実験等について取組をご紹介します。
  

鳥取おいしいMaaSプロジェクト(実施主体:鳥取バスフェスタ実行委員会)※県公民連携推進事業補助金事業

 公共交通と地域の飲食店舗と結び付けて一体化した新たなサービスを創出して、新たな公共交通利用の機会(需要)を創出する「鳥取おいしいMaaSプロジェクト」を展開しています。

 

詳しくはこちら → 鳥取おいしいMaaSプロジェクトのページ

 

Y-MaaS・わいわいパス(実施主体:米子地域MaaS協議会)

Y-MaaS(わいまーす)は、米子広域圏(米子市、安来市、境港市、西伯郡、日野郡)の路線バス、コミュニティバスの利用促進を目的とした、スマホによる電子チケット運用の実証実験です。わいわいパスは、発売する電子チケットの愛称です。

 

詳しくはこちら → 米子地域公共交通ポータルサイトへのリンク

JR因美線・若桜鉄道・日交若桜線共通パス実証実験(実施主体:鳥取県東部地域MaaS協議会)

・JR因美線、若桜鉄道、日本交通若桜線が定額で乗車できる共通チケット「JR・若鉄・日交若桜線共通パス」を新たに作り、販売する実証実験を実施しました。(R4年10月10日~R4年12月30日)
・鳥取-若桜間は、鉄道14往復(若桜鉄道接続便)、バス15往復で計29往復となり、共通で使用できれば実質的な利便性の向上が図られます。

※実証実験は終了しました。ご協力ありがとうございました。

 

詳しくはこちら → JR因美線、若桜鉄道、日本交通若桜線共通パスのページ

 

2022年9月8日プレスリリース (pdf:541KB)

チラシ(A4裏表) (pdf:1041KB)

 

観光MaaS

■大山エリアにおける観光MaaSの取組

・公共交通を使って国立公園大山に訪れた方を対象に、新たな移動サービスを創出する実証事業としてJR米子駅から大山寺までの直通バス(路線バス)と大山山麓エリアの観光地同士を結ぶ乗り放題(乗合)タクシーがセットになった電子チケットを販売するものです。(令和4年10月15日~令和4年12月4日)

※実証実験は終了しております。

 

 詳しくはこちら → 大山エリアにおける観光MaaS実証実験のページ

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 地域づくり推進部 中山間・地域交通局 地域交通政策課
    住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-70980857-26-7098
         ファクシミリ  0857-26-8107
    E-mail  koutsuuseisaku@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000