腰痛の予防・軽減に!「腰ラクラク 白ねぎ体操」を推進

   西部農業改良普及所では、平成29年度に白ねぎ作業改善プロジェクトチームを立ち上げ、白ねぎ農家に多い「腰痛」に焦点を絞って、調査、対策の検討を進めてきました。
 プロジェクトチームは、鳥取大学医学部の協力のもと、白ねぎ生産者、JA鳥取西部、県の職員で構成し、農家の意見を聞きながら、また医学的な視点から、対策を検討しています。
 対策の一つとして、まずは腰痛になりにくい体作りが必要ということで、「腰ラクラク白ねぎ体操」パンフレットを作成しました。
 調査で明らかになった白ねぎ生産者の体の特徴(背筋ともも裏の柔軟性が低い、背筋のインナーマッスルである多裂筋が小さい)にあった体操を取り入れ、また、畑で気軽にできるものを中心に構成しています。
 令和2年度から、現地栽培指導会等で実演指導をするなど、普及に努めています。

腰ラクラク 白ねぎ体操.pdf(2020年7月9日 16時14分 更新 1172KB)
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000