前田 昭博 (まえた あきひろ)   昭和29年(1954年)~
陶芸家。鳥取県八頭郡河原町(現・鳥取市河原町)生まれ。公益社団法人日本工芸会陶芸部会長。大阪芸術大学客員教授。昭和52年(1977年)に大阪芸術大学工芸学科陶芸専攻卒業。大学在学中に白磁と出会い、造形性の強い作風の伝統的な作品を発表しています。面取りを施した形態に柔らかで透明感のある釉薬を掛けた作品は、光と影による陰影が美しく現代感覚にあふれ、国内外の展覧会で数多く受賞し美術館にも作品が収蔵されています。日本伝統工芸展では昭和58年(1983年)初入選し以後入選を重ね、平成18年(2006年)からは鑑審査委員を務めています。平成19 年(2007年)紫綬褒章受章、平成22年(2010年)鳥取県文化功労賞受賞、平成25年(2013年)鳥取県初の国の重要無形文化財「白磁」保持者に認定されるなど、日本工芸界を代表する作家の一人です。

前田昭博

前田昭博 作品

作品:白瓷面取壺


最後に本ページの担当課
   鳥取県 地域づくり推進部 文化政策課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-71250857-26-7125    
   ファクシミリ   0857-26-8108
    E-mail  bunsei@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000