当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
統計課のホームページ

1.概況

 平成30年平均の鳥取市の消費者物価指数は、総合で102.1(2015年=100)となり、前年比1.5%の上昇となった。前年比の変動に寄与した要因は、食料、光熱・水道、交通・通信などの上昇である。

 

 年平均指数は、品目(※1)及び分類(※2)ごとに平成30年1月から12月までの月別指数を単純平均して算出します。ただし、生鮮食品の各品目については、品目ごとに月々の購入数量の変化が大きいため月別ウェイト(※3)を用いて加重平均します。

  (※1)指数の計算に採用する指数品目(例:うるち米)

  (※2)大分類、中分類、小分類(例:食料、穀類、米類)

  (※3)家計の消費支出に占めるその商品の割合

グラフ「鳥取市消費者物価指数の推移(2015年=100)」

2.前年との比較

(1)上昇に寄与した主な費目

           
10大費目 前年比 このうち主な費目(中分類) 前年比 このうち主な品目(※生鮮食品)
食料 2.2% 魚介類 6.9% たい※、さば※等
食料 2.2% 野菜・海藻 5.9% キャベツ※、だいこん※等
食料 2.2% 果物 8.8% 梨※、みかん※等
食料 2.2% 外食 2.2% ビール(外食)、すし(外食)(回転ずし)等
光熱・水道 5.7% 電気代 5.1%
交通・通信 1.7% 自動車等関係費 3.2% ガソリン、自動車バッテリー等

(2)下落に寄与した主な費目

  • 特になし

3.月別指数の動き

 原油価格に上昇によりガソリン、電気代などが上昇する中、総合指数は前年同月比1.0%以上の月が多かった。

 10月には、食料、光熱・水道、交通・通信等の上昇が寄与し、総合指数は前年同月比2.0%を上回ることとなった。

グラフ「平成29・30年の総合指数及び平成29年前年同月比」

4.全国との比較

 鳥取市の総合指数は102.1、全国の総合指数は101.3となった。

 前年比は、鳥取市で1.5%の上昇、全国で1.0%の上昇となった。

 費目別にその動きを比較すると、住居が鳥取市で上昇、全国で下落、家具・家事用品が鳥取市で上昇、全国で下落、それ以外は全国と同じ動きをしている。

 同じ動きをしている費目で、全国と比べて前年比の差が大きかったのは、食料、光熱・水道であった。

表「鳥取市及び全国の10大費目別指数」

5.鳥取市消費者物価指数(総合)の近年の動き

 平成26年は、4月の消費税率改定により多くの費目で値上がりし、また、円安による輸入価格の上昇、年前半の原油価格の上昇などの影響で魚介類、電気代、自動車等関係費などが値上がりしたことで上昇幅が拡大した。

 平成27年は、原油価格の下落により、ガソリン、灯油などエネルギーが値下がりしたが、天候不順により野菜・海藻、原材料価格の上昇により調理食品など食料が値上がりし上昇した。

 平成28年は、原油価格の下落により、ガソリン、電気代、灯油などエネルギーが値下がりしたが、天候不順により果物、野菜・海藻など食料が値上がりし、前年同水準となった。

 平成29年は、原油価格の上昇により、ガソリン、電気代、灯油などエネルギーが値上がりする中、肉類なども値上がりし、前年を上回ることとなった。

 平成30年は、漁獲量の減少により、魚介類価格の上昇、猛暑・台風の影響で、野菜・海藻類、果物などの食料品が値上がりした。また、春に水道料金の値上げ、原油価格の上昇によりガソリン、電気代、灯油などエネルギーも値上がりし、前年を大きく上回る結果となった。

グラフ「総合指数及び前年比の推移(全国-鳥取市)」
  

御利用に当たって

当ホームページに掲載している統計データ等の一部は、Excel形式、またはPDF形式で提供しています。閲覧ソフトが必要な場合は、ともに無償の「Microsoft Excel Viewer」、または「Adobe Reader」をダウンロードしてください。


最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 統計課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71030857-26-7103    
    ファクシミリ  0857-23-5033
    E-mail  toukei@pref.tottori.lg.jp