当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取県とジャマイカの交流

■ジャマイカ・ウェストモアランド県との青少年交流

 2018(平成30)年10月11日から22日までの日程で鳥取県内の高校生10人がウェストモアランド県内の高校を訪問し、同校生徒との料理、ダンス、グラウンドゴルフを通じた交流を行ったほか、ホームステイを行い、現地の人々の暮らしを体験しました。高校生10人は県立米子高校ダンス部5人と県立鳥取湖陵高校家庭クラブ5人で、それぞれが得意とするダンス、料理を通して現地の高校生と触れ合いました。
<料理交流>
 料理交流では、日本風の唐揚げにジャマイカの伝統料理「ジャークチキン(Jerk Chicken)」の調味料で下味をつけ、両国の味覚のコラボレーションを意味する「Jam-Jap Chicken」と銘打ったメニューを考案し、ジャマイカ人生徒と一緒に調理しました。また、送別会場であるロイヤルトンホテルのシェフ指導のもと、訪問先生徒を招いてジャマイカ風の巻き寿司つくりにチャレンジ、送別会の席でウェストモアランド県行政関係者らゲストに提供しました。巻き寿司の具はジャマイカ人のソウルフードである「ジャークチキン」と、バナナに似た果物「ライプ・プランティン(Ripe Plantain)」でした。まさにジャマイカならではのオリジナル巻き寿司!
<ダンス交流>
 一方、ダンス交流ですが、訪問先の高校生とダンスのセッションをして盛り上がったり、ジャマイカの国民の休日「ヒーローズ・デイ」記念式典における特設ステージなど、要所要所でダンスを披露して鳥取県とウェストモアランド県の友好を大いにアピールしてくれました。ダンス・音楽といえばそこはやっぱりジャマイカ人、皆さんノリノリで楽しんでくれましたし、英語があまりできなくてもダンスができれば一緒に楽しめる、そんなダンスの力を実感できた旅でした。鳥取発祥のグラウンドゴルフも一緒に楽しみました。シンプルで、誰でも楽しめるので、この時も非常に盛り上がり、日本とジャマイカの生徒同士、仲良くなる潤滑油になりました。
<歓迎レセプション>
 今年は、首都キングストンにある日本大使公邸で鳥取県訪問団歓迎レセプション(10月19日)を開催していただきました。ジャマイカ五輪協会関係者やウェストモアランド県関係者の出席があり、山﨑啓正駐ジャマイカ日本大使から「鳥取県はジャマイカにとって日本へのゲートウェイであり、高校生は日本の文化大使である」との歓迎の言葉を頂きました。
<生徒たちの感想など>
 ありがたかったのは、ジャマイカの人々のとてもオープンなマインドと優しさでした。そういうものに触れることで、鳥取の高校生たちに「自分たちも何かお返しをしたい」という感謝と利他の心が生まれました。また、料理やダンスなど生徒の得意分野で交流をしたことは、シャイな自分自身の殻を破ってジャマイカ人生徒とのコミュニケーションにチャレンジするいいきっかけになりました。一方で、うまく英語で話すことができず、悔しい思いも味わいました。
 「勇気を振り絞って挑戦すれば、それまで見たことのない景色が見えると気づいた」
 「学んだ多くのことをこれからに生かし、周りの人に影響を与えられる人間になりたい」
 「英語を頑張って勉強し、またジャマイカに来たい。そして、触れ合ったジャマイカの生徒達ともっと仲良くなりたい」
 などといった感想が聞かれました。
 ジャマイカでの経験は、鳥取の生徒たちを一回りも二回りも成長させてくれました。

料理交流(リトルロンドン高校)
料理交流(リトルロンドン高)
ダンス交流(リトルロンドン高校)
ダンス交流(リトルロンドン高校)
ヒーローズ・デイのダンス披露
ヒーローズ・デイのダンス披露
料理交流(グリンジヒル高校)
料理交流(グリンジヒル高校)
地元の子どもたちとの触れ合い
地元の子どもたちとの触れ合い
グラウンドゴルフで交流(リトルロンドン高校)
グラウンドゴルフで交流(リトルロンドン高校)


現地でも報道されています(外部リンク)

全国紙  Jamaica Gleaner 

全国紙  Jamaica Observer


レゲエマラソンで鳥取県勢3連覇!

 姉妹提携を結んでいる鳥取県とウェストモアランド県では、互いの地域を代表するマラソン大会が開催されている(鳥取マラソン、レゲエマラソン)ことが縁となり、スポーツ交流の一環として相互のマラソン大会における上位入賞者の相互派遣を行っています。
 さて、2016年から始まったこの交流も今年で3回目。鳥取県からは例年男女1名ずつ、計2名の選手派遣を行ってきましたが、このうち男子選手は2年連続優勝しています(2016年・谷口晃大選手、2017年・池本大介選手)。2018年は岡野大地選手(鳥取マラソン男子5位=県立布勢総合運動公園勤務)、河崎靖恵選手(鳥取マラソン女子3位=自営業)の2名の選手が12月2日に開催された第18回レゲエマラソンに出場しました。
 結果、岡野選手が鮮やかな逆転優勝で、見事鳥取県勢男子3連覇を果たしました!!!
 岡野選手は鳥取県のパラスポーツにおける期待の星。初の海外レースであるにもかかわらず冷静なレース運びで、序盤7~9位の位置で様子をうかがいつつ中盤で2位に浮上。30Km過ぎ、トップのランナーのペースが落ちてきたところをとらえ、見事に勝利者の証、鳥取県3体目の栄えあるボブ・マーリー像を手に鳥取に凱旋しました。一方河崎選手は、出発前に腰を痛めた影響で、30Km地点で途中棄権となりました。河崎選手のベストタイムであれば優勝が狙えただけに残念でしたが、力走を披露していただきました。
ゴールテープを切る岡野選手
インタビューに応える岡野選手
モーア知事と記念撮影をする岡野選手
日本国旗を掲げる岡野選手
表彰台に立つ岡野選手


現地でも報道されています(外部リンク)
全国紙 Jamaica Gleaner 

全国紙 Jamaica Observer

ニュースアプリ「LOOP」

■ジャマイカ陸上チーム事前合宿

 2007(平成19)年8月、第11回IAAF世界陸上選手権大阪大会に参加するジャマイカ陸上チームの事前合宿を鳥取県が受け入れました。それから8年後の2015(平成27)年8月にも、第15回IAAF世界陸上選手権北京大会に参加する同チームの事前合宿を鳥取県が受け入れました。いずれの合宿でも、公開練習やサイン会、陸上競技を通じた青少年との交流が行われ、ジャマイカは県民にとって印象深い国となりました。
 

■ウエストモアランド県からの提案

 2015(平成27)年8月、在ジャマイカ日本国大使館を経由して、ジャマイカの西端に位置するウェストモアランド県から書簡が届きました。書簡には、鳥取県がジャマイカ陸上チームの事前合宿地に選ばれていること、ウェストモアランド県と同じく、豊かな歴史的、文化的遺産を有し、美しい海と新鮮な魚介類があることを挙げ、鳥取県との姉妹都市提携を希望することが書かれていました。

■安倍首相のジャマイカ訪問

 2015(平成27)年9月には、日本の総理大臣として安倍首相が初めてジャマイカを訪問し、シンプソン=ミラー首相と首脳会談を行いました。両首相は、8月の世界陸上北京大会の機会にジャマイカ・チームが鳥取県で事前合宿を行い地元との交流を深めたことを歓迎し、5年後には東京オリンピック・パラリンピックもあり、地方同士の交流がスポーツを通じて活発化することに期待を表明しました。また、国においても、「日・ジャマイカ・パートナーシップ」を強化することが確認されました。

■副知事を団長とする交流協議団の派遣

 2015(平成27)年10月、副知事を団長とする交流協議団を派遣し、日本とカリコム諸国間で初めてとなる姉妹都市提携に向け、鳥取県・ウェストモアランド県の両県で具体的に調整を進めていくことを確認する覚書を締結しました。

■バーテル・モーア知事の来県と姉妹提携締結

姉妹提携締結の様子

 2016(平成28)年3月24日(木)から29日(火)までの日程で、 バーテル・モーア ジャマイカ・ウェストモアランド県知事が本県を訪問されました。その訪問にあわせて、本県とウェストモアランド県は姉妹提携を締結しました。モーア知事は、県内滞在中に布勢陸上競技場でのジャマイカ大使杯スプリント大会、とっとり花回廊での姉妹提携記念植樹等さまざまな行事に参加されました。

■ジャマイカ陸上競技連盟会長の来県

 2016(平成28)年4月5日(火)から8日(金)までの日程で、ジャマイカ陸上競技連盟のウォーレン・ブレイク会長とガース・ゲイル名誉幹事の2名が、本県を訪問され、鳥取陸上競技協会と陸上交流の覚書を交わしました。

  

ジャマイカの概要

【面積】11,424平方キロメートル
【人口】271.5万人(2013年世銀)
【首都】キングストン
【言語】英語、英語系パトア語
【宗教】プロテスタント等
【通貨】ジャマイカドル(J$)
【産業】サービス業、観光業、鉱業、農業
【日本との時差】-14時間

ウェストモアランド県の概要

【面積】807平方キロメートル(鳥取市よりもやや小さい)
【人口】144,103人(2011年国勢調査)
【県都】サバンナ・ラ・マール(サブラマ)
【位置】ジャマイカの最西端、首都キングストンの西約200キロメートル。最寄りの国際空港は、モンテゴベイ。
【地勢・産業等】
 海や川、山や丘陵に恵まれ、肥沃な沼地も存在。動植物の多様性で知られている。
 ネグリルのビーチと夕陽の眺めは、様々な世界的雑誌でトップ10の観光値に選定されており観光業がとても盛ん。ネグリルはビーチリゾートとして有名で、高級リゾートホテルが建ち並んでいるほか、毎年12月の市民マラソン「世界一楽しいレゲエマラソン」が大変有名。
 農業や漁業が盛んで、特にサトウキビの生産で有名。その他の農作物としては、バナナ、コーヒー、米、パンの木など。

写真:世界屈指のビーチリゾート世界一楽しいレゲエマラソン
写真:歴史ある教会が数多く点在ジャマイカ最西端の灯台

ジャマイカ・ウェストモアランド県のビデオ

青年海外協力隊でジャマイカ・ウェストモアランド県に派遣されていた高坂元隊員が作成した、ウェストモアランド県の紹介映像です。
ウェストモアランド県の美しい風景をぜひ御覧ください。

ショートバージョン(4分)


ロングバージョン(英語版)(70分)

ロングバージョン(日本語字幕版)(70分)

上記3つの動画の再生リスト