メンテナンスのため、12月8日(火) 1時~3時00分(予定)の間、閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。
統計課のホームページ

第22回「スマホ?ガラケー?どっち?」

 平成20年あたりから普及し始めたスマートフォン。最近は携帯電話よりもスマートフォンを目にすることが多くなりましたが、このスマートフォンと携帯電話、鳥取県内の普及状況はどうでしょう。

 昨年実施された5年に1回の「全国消費実態調査」で、鳥取県内二人以上世帯(千世帯当たり)の所有数量と普及率を知ることができます。

 スマートフォンは、平成26年調査で初めて調査項目に加えられました。

 これによると、平成26年の携帯電話の所有数量は、平成21年より減少しているものの1,345台、普及率76.9%。一方、スマートフォンは944台、普及率54.1%(全国平均は1,105台、普及率58.3%)で、まだまだ携帯電話を使用している人が多いことが分かりました。

 これからまだ普及が進んでいくであろうスマートフォンと、根強いユーザーを抱える携帯電話。最近では「ガラホ」なるあたらしいかげも…。

グラフ「スマートフォン及び携帯電話の千世帯あたり所有数量と普及率(鳥取県、二人以上の世帯)」

資料:総務省統計局「全国消費実態調査」。

(注)携帯電話は平成11年から調査が開始され、平成26年と平成21年以前の調査では調査品目の内容に下記のような違いがある。
【平成26年】携帯電話(PHSを含み、スマートフォンを除く)
【平成21年以前】携帯電話(PHSを含む)

本ページは、平成27年11月26日付「日本海新聞」掲載の同題コラム(鳥取県地域振興部統計課執筆)からの再録です。

  

最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 統計課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71030857-26-7103    
    ファクシミリ  0857-23-5033
    E-mail  toukei@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000