メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

平成26年度西部管内プラン

番号

プラン名

プランの概要

市町村名

1 地域の雇用創出と若手農業者育成を担う株式会社巌生産組合の経営継承プラン(pdf.0.3MB)
地域水田の耕作放棄地を防止するため、大幅に水稲の規模拡大を行う。規模拡大に必要な機械整備と雇用増を図る。
米子市
2
生産者として顔の見える農業で経営発展を目指して!(pdf.0.8MB)
大根栽培の面積拡大に伴い農業用機械のレンタルでは対応できなくなったため、新たに自社整備し、生産安定と経営改善、雇用増に取り組む。  米子市
3
鳥取県の白ねぎで儲かる農業プラン(pdf.0.4MB)
白ねぎの調整機等を導入、地元雇用し、直販率を高めて、所得向上を図る。 米子市
4
下大山の芝生発展計画(pdf.0.6MB) 芝生生産規模を拡大し、遊休農地を防ぐ。規模拡大に必要な機械を整備するとともに、新たに芝カス堆肥を製造し、芝圃場に施用する。  大山町
5
次世代に夢をつなぐ、ブロッコリー栽培(pdf.0.2MB) ブロッコリーの品質、収量向上を目指すため機械化による農作業の効率化を図り、併せて親元就農予定の後継者への生産基盤継承と所得向上を図る。  大山町
6
家族で取り組む複合経営(pdf.0.2MB) H26長女が農大に進学し、将来親元就農の見込みとなった。作業場の増築及び機械化を進め、ブロッコリーと白ねぎを中心とした地域の農地を守るモデル経営を目指す。  大山町
7
消費者に喜ばれる良品生産と、誇りの持てる農業経営を目指して(pdf.0.3MB) 息子が親元就農したことを契機に、機械導入により花壇苗経営の軽労化と生産拡大、品質向上を図るとともに芝の面積拡大を行う。  大山町
8
周年栽培でカッチリ~雇用(人)と収入の安定化~(pdf.0.3MB) 花・野菜苗の周年供給を進める中で、雇用労働力を確保しつつ、生産体系の改善と品質向上を図る。  大山町
9
小集落の水田を守りながら耕畜複合循環型農業を目指すプラン(pdf.0.3MB) 水田を借り受け、耕作放棄地を防ぎ規模拡大するとともに、水稲作業の受託を行う。  大山町
10
花壇苗の生産ロス削減プラン(pdf.0.2MB) 井戸設置により清潔で安定した水を使用することで病害虫を抑制し、花壇苗生産ロスを軽減する。また、雇用増により作業の高速化と品質向上を図る。  大山町
11
70歳になっても耕作放棄しない現役農家として省力化経営を目指す(pdf.307KB) 耕作放棄地の発生防止のため、近隣農地を借り受け、ブロッコリー等に必要な機械を整備し、地域貢献を図るとともに、有機質資材を投与する栽培体系に切り替え所得向上を図る。  大山町
12
荒廃農地をなくし魅力ある農業を目指して(pdf.0.4MB) 水田を借り受け、耕作放棄地を防ぎ規模拡大するとともに、水稲作業の受託を行い、直販に取り組む。  伯耆町
13
省力・低コスト化を目指す(pdf.0.4MB) 組合員の農作業の軽減及び農業経費の削減を図り、高齢化に伴う耕作放棄地の発生抑制及び解消を図る。  伯耆町
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000