鳥取県中部圏域の中核病院として、県が運営している病院です。
検索

緩和ケア

 緩和ケアとは、病気の初期段階から治療とともに受けるケアです。
 からだやこころのつらい症状が和らぐことで、治療に向き合う力が湧き、今までどおりの日常生活を送ることができます。
 患者さん、ご家族のつらい症状を和らげるために、私たちスタッフは、これからの治療や生活への対応について一緒に考え、お手伝いします。
 不快な症状があると、気分が落ち込んだり、仕事ができないなどの気持ちが起こります。
「つらいな」「相談したいな」と思われたら、どんなことでも医療者に伝えてください。
  

緩和ケアチーム

緩和ケア

※必要に応じて、ソーシャルワーカー、リハビリ専門職、相談支援員などの多職種で対応いたします。

 緩和ケアチームは、身体症状・精神症状を和らげる専門の医師、緩和ケア認定看護師、薬剤師、臨床心理士で構成されており、主治医、病棟看護師と共に治療や日常生活のサポートを行います。
 患者さん、ご家族のつらい症状をコントロールしながら、自分の生活に合った治療を選択し、療養中でも普段に近い生活ができるようお手伝いいたします。
 相談したいと思われたときには、いつでも主治医または看護師に声をかけてください。

緩和ケア外来

 緩和ケアに精通した医師や看護師が対応します。 

診療日について

診察日 毎週火曜日
場所 3階 透析室
時間 毎週火曜日 15時00分~16時00分(予約制) 
診察内容 身体症状(がん性疼痛、疼痛以外の身体症状:悪心・嘔吐・呼吸困難・倦怠感など)や精神症状によるつらさ。患者さん、ご家族も含めた心のケアなど。

緩和ケア外来受診について

当院にかかりつけの方が対象です。

主治医からの紹介を原則としておりますが、急な症状の悪化にお困りの場合や早い対応を望まれる場合には、相談に応じます。ご希望の方は、医師または看護師に声をかけてください。

他院にかかりつけの方で受診をご希望される場合も相談に応じます。

緩和ケア研修会受講医師一覧

 地域がん診療連携拠点病院では、「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」を年に1回、開催しています。 がんに携わる医師や緩和ケアに関わる医療従事者が、緩和ケアについての基本的な知識を習得し、患者さん、ご家族に対して治療の初期段階から緩和ケアが提供されることを目指しています。 当院において、現在までに、以下の医師が厚生労働省の定める緩和ケア研修会を修了しています。

2020年4月現在

院長 皆川 幸久
副院長 吹野 俊介、紙谷 秀規
医療局長 西江 浩
内科 村脇 あゆみ、矢野 民雄
消化器内科 野口 直哉、三好 謙一、細田 康平、藤井 雄基
呼吸器内科 北谷 新
循環器内科 澤口 正彦
不整脈内科 矢野 暁生
精神科 植田 俊幸
小児科 河場 康郎、橋田 祐一郎
外科 大田 里香子
消化器外科 鈴木 一則、安宅 正幸、岩本 明美、河野 友輔
整形外科 西原 彰彦、藤田 章啓、福本 優子
脳神経外科 小椋 貴文
血管外科 西村 謙吾
産婦人科 大野原 良昌、周防 加奈、木山 智義
救急・集中治療室 浜崎 尚文
耳鼻いんこう科 橋本 好充
放射線科 河合 剛
麻酔科 高垣 知伸
疼痛緩和診療科 堀 真也
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000