当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

人気ガーデンデザイナー ポール・スミザー氏が全国都市緑化とっとりフェアのアドバイザーに就任

日本のナチュラルガーデンの第一人者として知られるポール・スミザー氏を、フェア全般のアドバイザーに委嘱しました。
 今後ポール・スミザー氏に、フェアの目玉となるナチュラルガーデンの監修のほか、一般のかた及び県内造園関係事業者などへの技術講習会、フェアのシンボルマークのデザインなど、フェアの成功に向け全般的にサポートしていただきます。
ポール・スミザー氏
ポール・スミザー氏 Paul Smither (英国人園芸家)

  

アドバイザー委嘱状交付式

平成25年11月17日、実行委員会長である平井知事からポール・スミザー氏に委嘱状が交付されました。
ポール・スミザー氏に委嘱状を渡す平井知事

ポール氏からプレゼントされた球根を知事公邸の庭に植えました

委嘱状交付式の際、ポール・スミザー氏から平井知事へチューリップの球根がプレゼントされました。
いただいたのは、レディージェーン、ホンキートンク、バタリニー、タルダの原種系チューリップの球根4種類。
スタッフで大切に知事公邸の庭へ植えました。
うまくいけば3月上旬には芽が出て、早ければ3月末に美しい花が咲きます。
球根を植える様子
「自生するチューリップだから、球根と球根の間隔なんて気にしないで自然なままで」とのポール・スミザー氏のアドバイスどおり、球根はパラパラっと大胆に適当な間隔で。上にかける土もうっすらです。

玄関から望む庭
植えたのは、玄関を入ってすぐ正面に見える庭と、


第1応接からの眺め
第1応接から眺めることのできる庭です。

来年の春に訪れた人には、ぜひ楽しんでいただきたいです。

略歴およびこれまでの県内での活動

1 略歴等

イギリス、バークシャー州生まれ。
英国王立園芸協会ウィズリーガーデンおよび米国ロングウッドガーデンズで園芸学とデザインを学ぶ。
1997 年に有限会社ガーデンルームス(山梨県)を設立。庭の設計、施工および園芸全般に関するコンサルティングや講師として活動。
2000 年第1 回東京ガーデニングショー プレゼンテーションガーデン部門で「RHS プレミアアワード(最優秀賞)」受賞。
原種系の宿根草類を中心とした自然な雰囲気の庭作りに定評があり、日本のナチュラルガーデン(※)の第一人者として知られる。
宝塚ガーデンフィールズ(兵庫県)や軽井沢絵本の森美術館(長野県)を手がけたほか、初心者からプロまでを対象にこれからの庭づくりを指導している。
また、園芸・ガーデン誌、NHK 等でも活躍し、全国的に有名なガーデンデザイナー。

※植え付ける土地の生育条件に適した植物を使った、自然の中のような季節感あふれる庭。自然の理にかなったこれからの庭として注目を集めている。

2 これまでの県内での主な活動

■ナチュラルガーデンデザイン設計
・ 契約期間 平成23年7月9日~10月20日 
・ 内容 フェアの目玉となるナチュラルガーデンのデザイン設計

■ポール・スミザー ナチュラルガーデン講演会
・ 日時会場 平成23年6月18日 
・ 会場 県民ふれあい会館
・ 内容 ナチュラルガーデンに関する講演
・ 来場者 約350人

■ポール・スミザー ナチュラルガーデン技術講習会(アマチュア向け)
・ 日時 平成23年10月22日
・ 会場 コカコーラウエストスポーツパーク
・ 内容 スライドレクチャー及び植え付け作業
・ 参加者 抽選により当選した一般のかた30人

■ポール・スミザー ナチュラルガーデン講演会
・ 日時 平成23年10月23日 
・ 会場 とっとり花回廊
・ 内容 ナチュラルガーデンに関する講演
・ 来場者 約120人

問合せ先

 緑のまちづくりオフィス(第30回全国都市緑化とっとりフェア実行委員会事務局)
  〒680-0841 鳥取市吉方温泉3丁目701(鳥取市文化センター2階)
 電話:0857-25-3500
 ファクシミリ:0857-27-8005
 e-mail:toshiryokka@city.tottori.lg.jp

 
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000