当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

くらしと環境

2019年12月11日
感染症発生動向調査におけるA群溶血性レンサ球菌咽頭炎の集計速報値(令和元年第49週:12月2日~12月8日)が、下記のとおり西部地区で警報開始基準値である1定点当たり8人を超えたことから、本日、県内全域にA群溶血性レンサ球菌咽頭炎警報を発令しました。
2019年12月11日
2019年11月29日
総務省統計局より家計調査(二人以上の世帯)月報(令和元年9月分)が公表され、鳥取市分をまとめましたのでMS-Excelファイルで公表します。
2019年11月27日
県西部地区で注意報発令基準値である定点当たり1人を上回ったことから、本日、県内全域に水痘注意報を発令しました。
2019年11月22日
2019年11月18日
令和元年11月15日、県西部地区において、麻しん患者の発生を確認しました。本年、3例目となります。
2019年10月28日
令和元年度台風第19号により被災された方に対し、鳥取県営住宅の提供を行います。
2019年10月18日
2019年10月17日
東京都内の10歳代の男女2名が、デング熱に感染していたと東京都が令和元年10月16日に発表しました。患者2名は同じ学校に通う生徒で、海外渡航歴は無く、9月18日~20日まで奈良市及び京都市へ修学旅行に行っており、そこでデングウイルスを保有する蚊に刺されて感染したと推定されています。
2019年10月09日
鳥取県の新型インフルエンザ等対策行動計画を変更しました。