当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

関西との連携

 鳥取県は、平成20年度から近畿地方知事会・関西広域機構に加盟し、今後、様々な分野において関西圏との連携を図っていくこととしており、文化面においても連携した取り組みや情報発信を行っています。
  

関西元気文化圏推進協議会

 「文化で関西から元気になろう」という河合文化庁長官(当時)の呼びかけに応え、関西の民間企業・団体、国の機関、自治体により、平成15年に関西元気文化圏推進協議会が設立され、本県は平成20年9月に加盟しました。
  関西元気文化圏推進協議会は、毎年秋に「関西文化の日」を実施するほか、毎年1月には「関西元気文化圏賞」を贈呈しています。

関西文化の日

概要

 「関西文化の日」とは、関西広域連合及び関西元気文化圏推進協議会が主催する事業で、参加登録した文化施設が11月中の任意の日に、常設展の入館料を無料とすることで、気軽に美術作品等に接する機会を提供し、美術・学術愛好家の増大等を図る取組です。平成29年度は、関西2府8県(福井県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、徳島県)内の国公立、民間の688施設が参加し、延べ約53万人の方が来訪されました。

実施日

11月の第3土曜日、第3日曜日 を中心日とする11月中の期日。

実施内容

大人から子どもまで、だれでも、常設展の入館料を無料とします。
参加施設に関する情報は、ホームページ「関西文化.com」で公表されています。

ホームページ

関西文化.com(別ページが開きます)

関西元気文化圏賞

概要

 関西元気文化圏賞とは、関西元気文化圏推進協議会が主催し、毎年文化を通じて関西から日本を明るく元気にすることに貢献した人物・団体等に対し、感謝と一層の活躍への期待をこめて贈呈するものです。
 14回目を迎えた平成29年度は、大賞を陸上の桐生佳秀選手、特別賞を囲碁の井山裕太十段、京都国立博物館、ニューパワー賞を大阪府立登美丘高校ダンス部、チェロ奏者の北村陽氏、文楽の六代目竹本織太夫が受賞されました。
 鳥取県関係では、平成27年度に「すなば珈琲」、平成26年度に「鈴木愛選手(倉吉北高等学校出身:プロゴルフ)」がニューパワー賞を、 平成22年度には「境港市・水木しげるロードの妖怪たちと地元関係者」が特別賞を受賞されています。

表彰式

1月下旬

ホームページ

関西元気文化圏(別ページが開きます)

関西広域連合「文化の道」事業

関西が有する優れた文化資産を「文化の道」としてつなぎ、広域的に連携し、交流・協働を通じて展開することにより、文化資産等の継承・発展・活用を図るとともに、文化の創造と発信の拠点になることを目指しています。


関西「文化の道」事業(別ページが開きます)

人間浄瑠璃街道連絡協議会

 人形浄瑠璃は西宮の人形操りから発展したもので、淡路~徳島へ、また関西各地へと伝播・発展して、人形浄瑠璃として関西から全国に広がったと言われています。
 人形浄瑠璃街道連絡協議会は、こうした歴史的経路を「人形浄瑠璃街道」と位置づけ、関係機関のネットワークにより交流・連携を深め、人形浄瑠璃の魅力を発信することを目的に様々な事業を展開しています。

人形浄瑠璃街道(別ページが開きます)
  

最後に本ページの担当課
   鳥取県 地域づくり推進部 文化政策課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-71250857-26-7125    
   ファクシミリ   0857-26-8108
    E-mail  bunsei@pref.tottori.lg.jp