大山ブロッコリーのミートローフ

  カラフル色合いが食欲をそそる

ミートローフ
 昨年6月、地域団体商標に登録された鳥取県西部の特産品の一つ・大山ブロッコリー。全国でファンが増えており、ブロッコリーを余すことなく味わってもらおうとさまざまなメニューが開発されている。このうち「大山ブロッコリーのミートローフ」は子どもから大人まで幅広い層に人気を集めている。
 昨年2月から今年1月までの大山ブロッコリーの販売額は12億4684万円と過去最高を記録した。西部農業改良普及所によると、栽培農家280戸のうち約1割(30戸)を20~40代の若い就農者が占めるなど、次世代の担い手が増えている。
 メニューの開発は、主に大山町内の料理好きのメンバー6人で組織する「大山ブロッコリー料理研究会」(高見美保子会長)が担当。ブロッコリーの軸を使ったきんぴらなど、これまで23品が出来上がった。
 ミートローフは、ハンバーグにブロッコリーが入ったメニューで、野菜が苦手な子どもにも喜ばれる“ヒット作”になった。
 ひき肉や玉ネギなどで作った生地で、ゆでたブロッコリーとチーズを包み、オーブンで焼く。ブロッコリーがはみ出さないように包むことと、焼き加減、ブロッコリーのゆで時間がポイントで、「ブロッコリーは『少し硬いかな』と思うくらいが、焼き上がったときに歯応えが残ってちょうどいい」という。
 高見会長は「ブロッコリーが苦手だという子が『おいしい』といって食べてくれるのがうれしい。いろいろな料理でブロッコリーを食べてもらい、おいしさを知ってもらうことで、消費拡大につながれば」と話している。
  

レシピ

【材料】4人分
・大山ブロッコリー…400グラム
・ひき肉(牛または合挽き)…300グラム
・パン粉…2分の1カップ
・牛乳…70cc
・玉ネギ…250グラム
・サラダ油…大さじ1杯
・卵(Mサイズ)…1個
・塩…小さじ2分の1
・ナツメグ…少々
・こしょう…少々
・小麦粉…30グラム
・プロセスチーズ…90グラム
・パプリカ(赤・黄)…各2分の1個
【作り方】
(1)みじん切りにした玉ネギをサラダ油で炒める。
(2)炒めた玉ネギをひき肉、パン粉、牛乳、卵、塩、香辛料を混ぜて生地を作る。
(3)ブロッコリーを小さな房に分け、塩を入れて固めにゆでる。
(4)水気を切って小麦粉をまぶす。
※ブロッコリーの4分の1程度は小麦粉をまぶさず、飾り用に残しておく。
(5)油を塗ったアルミホイルの上に生地の半分を広げ、小麦粉をまぶしたブロッコリーの3分の2の量を乗せてチーズを乗せる。
(6)チーズの上に残りのブロッコリーを乗せ、残りの生地で包む。
(7)220度のオーブンで15分程度焼く。
(8)180度に下げ、飾り用のブロッコリーやパプリカも入れて10~15分程度焼く。
(9)3センチ幅に切って野菜と盛り合わせて出来上がり。