白ねぎ将軍鍋

 鳥取県西部特産の白ネギを使った「将軍鍋」は、50~70代の主婦ら25人でつくる「白ねぎ料理研究会」が開発したしゃぶしゃぶだ。

白ねぎ将軍鍋 鳥取県西部特産の白ネギを使った「将軍鍋」は、50~70代の主婦ら25人でつくる「白ねぎ料理研究会」が開発したしゃぶしゃぶだ。
 シャキッとした歯応えの後、口の中いっぱいに広がる甘み。ツンとかすかに鼻をつく。
 白ネギの風味がぎゅっと凝縮された鍋だ。
 ユニークなネーミングは、鍋の脇役になりがちな白ネギを主役にしようという発想。
 研究会は白ネギを「将軍」、他の具材やハマチ、アジなどの青魚を混ぜた薬味を「家来」と呼ぶ。
 「インパクトのある名前で普及を図る。誰でも簡単に作れ、値段も安上がりですよ」と前田育子会長(65)。
 白ネギを「郷土の味」と誇りを持ち、各地で料理教室を開いたり量販店での店頭調理などでアピールしてきた。
 白ネギをサッと湯に通し、薬味とごまだれにからめて堪能。だしと白ネギの甘味がよく合う。
 「体がぐんぐん温まり、風邪なんかも吹き飛ばす」。
 メンバーの田中和子さん(65)はほほ笑む。
 研究会によると、白ネギには脂肪燃焼の促進や疲労回復、殺菌作用などの効能もあるという。
 ピザ、ドーナツ、天ぷら、スープ、せんべい…。
 研究会は約90種の白ネギ料理を生み出した。
 前田会長は「白ネギは栄養面でも味の面でも抜群。
 今後もいろいろなレシピを開発して消費拡大を目指したい」と話す。
  

レシピ

調理の様子白ネギ将軍鍋(4人分)【材料】
白ネギ 太めを4本
葉ネギ 2本
青魚の刺し身 2人分
ポン酢 適量
ごまだれ 適量
コチュジャン 少々

―鍋のだし汁―
水 1.8リットル
昆布 10グラム
削り節 50グラム
塩 小さじ1
薄口しょうゆ 小さじ2
みりん 小さじ1.5
うま味調味料 少々

【作り方】
(1)刺し身に振り塩
(2)昆布と削り節でだしを取る
(3)白ネギの白い部分と葉の部分を分け、長めに細く斜め切りにして別々に洗う
(4)葉ネギを小口に切った後、水で洗って絞り、細切りにした刺し身とポン酢であえ、薬味として使う
(5)(2)に塩と薄口しょうゆ、みりん、うま味調味料で薄味の鍋のだし汁を作る
※薬味にごまだれとコチュジャンを好みで加える。