アゴの子煮付け

 今年も、琴浦町に夏の訪れを告げるアゴ(トビウオ)の水揚げが始まっている。

調理の様子 刺し身や焼き物、フライなどアゴを使った料理はさまざまあるが「旬に一度は食べたくなる味」とこの地に住む者が口にする料理がある。
 「アゴの子煮付け」だ。

 同町内には、アゴの水揚げ量鳥取県内一(昨年約63トン)を誇る赤碕港がある。
 12人の漁師が5月中旬から7月中旬にかけアゴ漁に繰り出す。
 山陰や九州地方では、トビウオをアゴと呼ぶが、名前の由来ははっきりとしない。
 ちなみに、学名ではCypselurus agoo agooと呼ばれている。

 煮付けは、しょうゆやみりん、しょうがなどを加えて煮るだけのシンプル料理。
 だが、子(卵)は初夏に捕れる子持ちアゴからしか取れず“魚より貴重”と言われてきた。
 「ぜいたくな一品」と赤碕町漁協女性部の三好康子部長。
 なれた手つきでアゴをおろし、オレンジ色に輝く10センチ程度の新鮮な子を取ってみせた。
 子を煮詰める鍋からは、しょうゆなどの香りが立ち込め、どこか懐かしさを感じさせる。
 完成した煮付けの食感はもちもちとし、味は絶品である。
 調理を終え、三好部長は「アゴは、子は煮付け、身はつみれ汁で食べるのが一番」と笑顔で話していた。
  

レシピ

あごの煮付け【材料(4人分)】
・アゴの子…8個
・ショウガ…5、6片
・水…………150ml
◎調味料
・しょうゆ…大さじ3
・みりん……大さじ3
・酒…………少々
・砂糖………少々

【作り方】
(1)ショウガは皮をむいて薄切り。一部を飾り用の千切りにし、針ショウガを作る。
(2)鍋に水を入れ火にかけ、ショウガの薄切りを加える。調味料を加えて煮立て、その中にアゴの子を入れ、中火で4、5分煮る。
(3)煮上がったら器に盛り、煮汁を少々かけ、針ショウガを添える。