サザエご飯

 サザエの水揚げ量が鳥取県内1位を誇る大山町御来屋漁港。

サザエご飯 地元漁師の妻たちで結成した「さざえコッペの会」の田中輝子代表(77)が、刻んだサザエやゴボウ、ニンジンなどを釜に放り込んだ。
 火加減を調節して、待つこと約40分。
 「はい、できた。やみつきになりますよ」。
 釜を開けると、立ち上る磯の香りが部屋いっぱいに広がった。
 サザエ独特の苦味はなく、コリコリとした食感も残る。
 砂糖や酒に加え、薄口と濃い口のしょうゆを配合した味付けが、お米ともよく合い、箸が進む。
 田中さんから調理法を学ぶ広沢雪子さん(46)は「すっかりはまってます。
 意外と簡単に作れ、おかずもいらない。
 冷めた場合でも、かえってサザエの味が際立っておいしい」とほほ笑む。
 御来屋に古くから伝わる炊き込みご飯だ。
 「サザエは町の宝です」と田中代表。
 県水産課によると、県内の2010年のサザエ水揚げ量は170・2トンで、このうち御来屋漁港が約3割の46・7トンを占めた。
 同会によると、握り拳ほどの大きさのサザエが最もおいしく、取り出した身を3~4ミリに切り、具材もできるだけ細かくきざむ。
 刺し身より食べやすく、子どもでも好んで食べるという。
 地域で受け継がれる食。
 田中代表は「漁師さんたちが生み出した味を守っていきたい」と話す。
  

レシピ

サザエご飯サザエご飯(4人分)
【材料】
お米:2合
サザエ:400グラム
ゴボウ:34グラム
ニンジン:34グラム
薄口しょうゆ:26cc
濃い口しょうゆ:6cc
酒:10cc
みりん:10cc
砂糖:3グラム
塩:少々