春雨茶わん蒸し

 鳥取県西部で茶わん蒸しと言えば、「春雨入り!」

春雨茶わん蒸し 鳥取県西部(米子市を中心に)で茶碗蒸しと言えば春雨入りが一般的だそうです。
 
 この全国的にも珍しい食文化「春雨茶わん蒸し」を全国に広めようと「春雨入りだよ茶わん蒸しは愛好会」という市民団体も立ち上がりました。

 カニ、大山鶏、白ねぎなどの郷土の食材を使用したご当地グルメ「伯耆の国名物 春雨茶わん蒸し」として情報発信するとともに、販売店の拡大やイベント等への出展を通したPRなどの活動をしています。

ポイント1
 料理の歴史 

一説によると、昔、卵がまだ高価であった時代に、卵料理である茶碗蒸しの量を増やすために入れたのではないかと言われていますが、これが茶わん蒸しと絶妙の相性!

 現在の春雨は、細めの食感のしっかりしたものが主流ですが、地元の年配者に聞くと、やや太めのやわらかいものが定番でふやけていれば、ふやけているほどいいらしい!?です。