モサエビ

 地元でしか味わえないの幻の逸品。

モサエビ 鳥取県ではクロザコエビのことを「もさえび」と称し、9月~5月に沖合底びき網漁で漁獲されます。
 カニシーズンと重なる時期が長く、隠れた存在になっています。
 弾力のある食感や旨味が強く、甘味は甘エビ以上ですが、鮮度劣化が早いため遠隔地への出荷は難しく地元でしか味わえない幻のエビです。
  

名前の由来・歴史

◆産地によって名前が変わる
 鳥取県では「もさえび」と呼んでいますが、北陸地方では「がすえび」、「どろえび」などと呼ばれて、日本海各地に根付いた商材です。

食べ方・料理

◆刺身
 刺身は甘えび(ホッコクアカエビ)よりも身がしっかりしていて、しかも甘味旨味も申し分がない。
 この見てくれの悪さは逆に日本海の旨さを堪能できます。
◆もさえび味噌汁
 もさえびにワカメや豆腐を入れたえびの甘味たっぷりの味噌汁です。
 濃厚なえびの味が味噌汁の出汁に溶け出します。
◆煮付け
 醤油で薄味に煮付けた地元ならではのかくれた味です。
 煮すぎると身が硬くなるので要注意です。
◆塩焼き
 もさえびに塩をふり、短時間でさっと焙るシンプルな料理。
 香ばしい殻と中からぷりぷりの身の食感がたまらない料理です。

その他

もさえび煎餅◆もさえび煎餅
 もさえびの美味しさを丸ごと煎餅に閉じこめた、「もさえび煎餅」が土産物店、道の駅等で販売されています。この商品は平成20年度食のみやこ鳥取県特産品コンクールで優秀商品にもなっています。


旬の時期

○漁期  9~5月

産地

主な水揚港:境漁港、鳥取港、網代漁港