ハタハタ

 「とろける旨さ」に自信あり!【とろはた】

ハタハタ 9月~5月に沖合底びき網で捕れるハタハタは、年間1,200~3,000トンと水揚げ量は全国でもトップクラス。
 鳥取県産のハタハタは朝鮮半島付近で生まれ、山陰沖を回遊するところを漁獲するため、卵がないかわりに、しっかりと脂がのっているのが特徴です。
 大きくなるほど脂ののりが高くなる傾向があり、全長20cm以上のハタハタには平均10%以上の脂質含有量があり鳥取県オリジナルのブランド商品「とろはた」という名称で売り出し中です。
 「とろける旨さ」に自信を持った一押し商品です。
 出荷箱に「とろはたシール」を付け、全国へ向けて発送しています。

【下左】沖合底びき網漁船、【下右】「とろはた」出荷箱 (写真提供:鳥取県水産試験場)沖合底びき網漁船 「とろはた」出荷箱

ポイント1
 「脂のノリ」の鳥取県産、「子持ち」の秋田県産

 秋田県産は11月-12月が漁期で、お腹が卵(ブリコ)でたっぷりふくらんでます。これと野菜、豆腐、ハタハタで造った魚醤が入った「しょっつる鍋」が有名です。
 一方、鳥取県産は9月-5月が漁期で、卵がないかわりに脂がのっているのが特徴。干物や炙りなどでジューシーさを楽しむのがおススメ!
 ぜひ、それぞれのおいしさを活かした食べ方を楽しんでみてください。
ポイント2
 「とろはた」 脂がのった身がジューシーでプリプリの食感です!

鳥取県水産試験場では、美味しさの解明のため脂ののりを調査しました。その結果時期や漁場に関係なく、脂質含有量の平均は多くの人が美味しいと感じられる約10%で、東北産よりも多いことが判りました。特に大型のハタハタほど高い傾向があり多い魚で20%近くありました。
大きいことは旨い証拠!グラフ
 
 「とろはた」干物に最適・・・築地市場で県産干物は1/3の取扱量!

とろはた干物脂ののった「とろはた」は干物に最適です。
東京築地市場での県産ハタハタの干物の取扱量は約1/3を占めるなど、首都圏でも高い評価を受けています。
県内ではハタハタの干物加工場が多くあり、直売所や量販店で販売されてます。
干物商品はお土産に一押しの商品です。
  

食べ方・料理

どんな料理にもあう「とろはた」
 鳥取県産のハタハタは時期や漁場によって脂ののりに変化がなく、安定した品質を誇ります。ハタハタは、「鱗なし」「小骨なし」「身離れよし」の3拍子そろった優れものです。
 一夜干しを焼くのが手軽ですが、煮付け、刺身、から揚げなどいろいろな楽しみ方があります。

ハタハタ煮付け◆煮付け
 鳥取県内では最もポピュラーな家庭料理です。身離れが良く、食べやすい庶民の味です。

◆焼き物
 一夜干しのとろはたには美味しさが凝縮され、じゅわっと脂がにじみ、酒の肴にたまらない逸品です。
 焼き途中の香りも食欲をそそります。 

じんたん寿司◆じんたん寿司
 岩美町の民宿の女将さんのグループが開発した料理です。
 小ぶりのハタハタを酢・醤油・砂糖などの調味料に漬け込んだ後、両面を焼いて開きにしたものを使った押し寿司です。
 小ぶりのハタハタを使うため「じんたん寿司」と呼んでいます。
 甘辛いじんたんと締まった寿司飯との相性が絶妙で、食欲のない時も美味しく食べられます。
 浦富海岸健康マラソンなどのイベントで、岩美郷土料理愛好会が出展されてますので、見かけたらぜひご賞味ください!(県の「食の匠派遣事業」で、料理講師の派遣支援も実施中!)

ハタハタ寿司◆ハタハタ寿司
 鳥取市の賀露(かろ)地区で祭の時期に各家庭で振舞われる郷土料理。ハタハタを塩漬けした後、塩抜きし、酢、砂糖、塩で味付けした「おから」に漬け込こみます。
 とってもヘルシーで、酸味が効いたオカラとハタハタが食欲を刺激し、夏ばての時期にも良いですよ。
 賀露の浜下商店などで販売されてますので、ぜひお試しあれ!

名前の由来・歴史

 鳥取県では、「しろはた」の地方名で古くから親しまれている大衆魚です。
 漢字では、雷の季節に獲れることから、「雷魚」と書いたり、「魚」編に「神(じん)」と書いて、「鰰」(ハタハタ)と呼んだりします。
 (金色の肌にぴったりの呼び名だと思いませんか?)
 また、小ぶりなハタハタを県東部では「じんたん」と呼びますが、これもハタハタを「鰰」と書くところから、小さいハタハタを神短=じんたんと呼ばれるようになったと言われています。
 ちなみに「あかはた」という地方名もあり標準和名「ハツメ」を指します。

普及の取組・関連イベント

◆ホーエンヤ祭は正式名称を「賀露神社春季例祭」といい、2年に一度おこなわれる賀露神社の春季例大祭の神幸祭です。
 ハタハタはこの時期皮が柔らかくなり、賀露地区ではこの祭にはかかせない「ハタハタ寿司」が各家庭で振る舞われます。
 これは、ハタハタを塩漬けした後、塩抜きし、酢、砂糖、塩で味付けした「おから」に漬け込んだ郷土料理です。
 (ハタハタ寿司は、平成22年より、賀露の浜下商店で市販されています。)

◆賀露地区の旅館では、煮付け、唐揚げなどハタハタフルコースを提供するお店があります。
 美味しさがぎゅっと締まったハタハタ料理をご賞味ください。

その他

はた坊◆鳥取県産ハタハタのキャラクター「はた坊」
 平成19年1月に県産魚PR推進協議会は、県産ハタハタに「はた坊」というキャラクターデザインを作成し、平成20年2月に商標登録しました。
 大きな目の愛嬌のあるキャラクターで鳥取県産ハタハタの認知度向上を目指しています。

◆鳥取県産ハタハタの生まれは?

 山陰沖で大量に漁獲されるハタハタは、主に朝鮮半島東岸を産卵場とするグループと考えられています。
 一方、秋田県を始めとする日本海北部で漁獲されるハタハタは、能登半島以北の日本沿岸が産卵場と考えられています。
 つまり山陰沖には、ハタハタの故里はないと考えられいます。
 なお、最近の研究では鳥取県沿岸でも卵が確認されたことがあります。

旬の時期

○9月~5月に沖合底びき網で捕られます。

産地

主な水揚港:境漁港、鳥取港、網代漁港