鳥取砂丘レンジャー日記

2013年5月23日

サンドリサイクル

今日、馬の背から日本海を見ると、船が停泊して何か作業をしているのが見えます。

いったい何をしているのでしょうか?

実は、砂を海に投入しているのです。

鳥取砂丘は、近年、冬季の風浪や砂の供給源の減少による侵食作用を受け、海岸線が後退してきています。

このため、鳥取県では、鳥取港周辺の砂を鳥取砂丘沖に投入し、養浜工事を行っています。

この工事により、海岸線の回復の傾向が見られるようになりました。

鳥取砂丘を守るために、様々な取組みが行われています。

(黄レンジャー)

サンドリサイクル

砂丘事務所 2013/05/23

<2022年12月>
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000