当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

鳥取砂丘レンジャー日記

2013年2月22日

風の力

今年の冬は、強風の吹く日が多いようです。

先日積もった雪も、ほとんど消えてしまい、砂丘の中では砂がよく飛んでいます。

馬の背の東側は、海岸側から飛ばされた砂が積もり、急斜面になっています。
奥に見える斜面は、普段、人が馬の背に登られる斜面です。
東側にできた急斜面

急斜面の頂上はどうなっているかというと、
急斜面の頂上

今にも崩れそうですね。
砂が乾けば、どんどん崩れそうです。

海岸側の斜面は、ご存じ「砂柱」ができています。
砂柱

とても強い風が吹いたのでしょう、砂がえぐれているところもあります。
風で砂がえぐれた様子

馬の背の頂上附近は、飛ばされ積もった砂がとてもフカフカ。
足首くらいまで沈みました。
頂上に積もった砂

登って来られる人は、最後の難関?に一苦労。


「追後スリバチ」はあまり人が歩きませんので、斜面がとてもきれいです。
きれいな斜面に「砂簾」ができていました。
追後スリバチのできた砂簾

大きさは12メートルくらいです。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2013/02/22

<2019年10月>
293012345
6789101112
13141516171819
20212223242526
272829303112
3456789

月別アーカイブ