鳥取砂丘レンジャー日記

2012年10月25日

秋晴れの一日でした!

昨日、一昨日とあまり良い天気ではなかったのですが、今日は秋晴れのさわやかな一日でした。
秋晴れの鳥取砂丘

午前中は6メートルぐらいの風が吹いていましたので、乾いた砂は動いていたようです。

砂が動くと、砂丘ではいろいろな景色が見られます。

ちょっと見えづらいかもしれませんが、ちょっと灰色がかった部分があり、縞模様になっています。
砂丘の縞模様

白く見える部分は乾いた砂丘の砂。灰色に見える部分はクラストと呼ばれるシルト(細かい砂や埃など)が薄膜状になったものです。

砂丘のクラスト
一見堅く見えますが、歩くとサクッサクッてして、なんか気持ち良いですよ。

いい風が吹くと、やはり出来ていました、風紋です。
風紋

クラストがたくさん見えていましたので、広い範囲で風紋ができていたのは限られていましたが、馬の背の西側では風紋が広がっていました。

とても風通しの良い場所では、風紋と一緒に砂柱もできていました。
砂柱

冬に近づくにつれ、風も強くなってきます。
風紋だけでなく、砂柱ももっとみることができますよ。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2012/10/25

<2024年6月>
2627282930311
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30123456

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000