鳥取砂丘レンジャー日記

2012年6月29日

梅雨のはずですが

太平洋側は大雨で大きな被害がでていますが、鳥取は雨が降らず、空梅雨のようですね。
明日からは天気が崩れ、梅雨らしくなりそうですが。

今日の砂丘は、まるで夏を思わせる日でした。

尻無川の水も、馬の背の斜面に着く前に消えてしまっています。


馬の背から砂丘を見ると、入道雲のような雲が広がっていました。


海も穏やかで青く広がっています。くじら島の綺麗に浮かんでいるようです。


景色はとても綺麗ですが、砂丘に住む生き物には過酷な環境です。
砂丘の中では、暑さで死んでしまった昆虫も見られます。


自然のことなので、私たちはどうすることもできませんが。


これから、本格的に暑くなります。
熱中症対策はもちろん必要ですが、熱くなった砂で足の裏をヤケドすることもあります。
天気の良い日には、裸足やサンダルは危険です。
注意してくださいね。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2012/06/29

<2020年10月>
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000