鳥取砂丘レンジャー日記

2012年6月28日

今日の砂丘植物

砂丘植物で、春に花をかせる植物の「ハマニガナ」 「ハマヒルガオ」 「ハマボウフウ」 「コウボウムギ」等の花は花期が終わり、今 見られる花は「ハマニガナ」が所々に咲いている程度です。
これらの植物に変って、「ケカモノハシ」の花穂が伸びてきました、下の写真をご覧下さい。
ケカモノハシ

これからの時期は砂丘の主役で、砂丘全体のあちこちに見られます。

その後「ネコノシタ」 「ハマゴウ」 「ウンラン」 「ハマベノキク」の順に開花してゆきます。
これらの植物の現状も写真に収めました。
ネコノシタ ハマゴウ

ウンラン ハマベノギク

楽しみが一杯の鳥取砂丘です、砂丘に来られた際には馬の背から少し外れた植物の群落を散策してみて下さい。

(赤レンジャー)

砂丘事務所 2012/06/28

<2020年10月>
27282930123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
1234567

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000