鳥取砂丘レンジャー日記

2012年3月1日

新記録?

今日は風も穏やかで、馬の背まで歩くと汗がにじんでくるような一日でした。

オアシスも鏡のようにその水面に馬の背を映していました。
kagami

水中にも風紋のような模様もはっきりと見ることができました。
fuumon

そのオアシス、今ではここまで大きくなりました。
oasis


いったいどれくらいの広さがあるのでしょうか。
これだけ広いと水深も結構深そうですね。

そこで、自然公園財団鳥取支部の「じろけん」こと音田所長が果敢にオアシスの中へ。
さて、どれくらいの深さがあるのでしょうか。



結構深そうですね。
馬の背に向かって右側の方ですが1メートルありました。

場所を変えて、昨年一番深かった場所まで移動していくと・・・・・なんと!


さらに深くなっています。
これ以上深いところに行くと服が濡れてしまうということで、測定中止。

この場所での深さが、なんと・・・・・130センチ。

実際には、ここより深いところがありそうなので、今年のオアシスの水深は130センチ以上あったということになりました。

ちなみに昨年の水深は85センチでした。
(その時の様子は昨年のレンジャー日記で こちら

今年の冬は、雪に覆われた砂丘が長く続きましたので、この結果には納得しました。


(オレンジレンジャー)

砂丘事務所 2012/03/01

<2021年5月>
2526272829301
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
303112345

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000