鳥取砂丘レンジャー日記

2011年9月22日

台風からの贈り物

台風15号が昨日通過し、本日は時折太陽が顔を覗かせる天気となりました。
鳥取砂丘での台風の状況は、最大風速 25.5m/s(9/21 7時30分)と、積算雨量 235.62mm(9/19 4時 ~ 9/22 12時 の期間)でした。
この気象データは砂丘に設置された観測機器の測定値です。

この雨の影響で、オアシスには最大級の池が誕生しました、下の写真をご覧下さい。
オアシスの池

また、鳥取地方には大雨洪水警報が発令されたこともあり、千代川は増水し大量の濁った土砂を含む水が日本海に運び込まれました。
鳥取港附近の濁った水

この写真は鳥取港防波堤附近の様子で、濁った水が流れ出ている状態が見られ、この泥水は鳥取砂丘の東端の岩戸海岸付近まで流れていました。
泥水

汚れた水が海に流れ出て”公害”と思われるかも知れませんが、鳥取砂丘にとっては貴重な砂の供給源となっています。
こうして、出水により千代川から流れ出た土砂は、日本海の荒波にもまれて長い年月を経て海岸に打ち上げられ鳥取砂丘の砂の仲間入りします。

強風の後のお楽しみの砂柱は残念ながら綺麗な状態では見られませんでした。 何故ならば、昨夜に短時間ではありましたが豪雨が降り、出来上がった砂柱を雨が叩き付けて壊してしまった様です、期待していましたが 残念 !

(赤レンジャー)

砂丘事務所 2011/09/22

<2023年1月>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930311234
567891011

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000