鳥取砂丘レンジャー日記

2011年9月20日

台風15号が接近中です!

本日の鳥取砂丘は台風15号の影響もあり、1日中~雨、風がよく吹きました。昨日はお手持ちの傘を壊される方もいましたので、みなさん気をつけてくださいね。

砂丘の中を走りぬける風は思っている以上に強いので、雨でぬれている砂でも飛ばされます!
そして、その砂は川の流れのように移動します。同時に砂の表面も削られ、普段では決してみられない光景を目にします。


今日の海側斜面です。




砂丘の地層のように見えますね。何層も何層も・・数え切れないほどの砂の層が積み重なっています。皆さんが歩いている足元の下はこんなふうになっているんです。
ちなみに、・・皆さんが歩いている砂の上は、「新砂丘」と言い、一番下の砂の層を「古砂丘」と呼んでいます。

砂丘は風で運ばれた砂でつくられています。奇妙な砂模様などが見られるかも?
実は、この奇妙な砂模様は台風が通過した後がお勧めなんですよ!

新砂丘の砂はサラサラしているため、風によって刻々移動し、風紋をつくったり砂丘の形を変えています。

(青レンジャー)
☆台風15号は、21日昼前から昼過ぎにかけて鳥取県に最接近!

砂丘事務所 2011/09/20

<2023年2月>
2930311234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627281234
567891011

月別アーカイブ

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000