当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

2017年10月2日

2017年9月29日 沖底(賀露)

今朝の賀露地方卸売市場には、地元船5隻全船が入港しました。
沖合底びき網漁船 賀露市場への水揚げ状況
本日の測定魚種は、ソウハチ(えてがれい)で、全長30cm程度の5,6番主体に多い船は800箱ほど水揚げしていました。ちなみに漁場は山口県見島の沖合でした。
ソウハチ(えてがれい)
また、これから漁獲が本格化するマダラも揚がっていました。今年は漁場への来遊が遅く、まだ日によって漁獲に大きな差があるようです。
マダラ マダラ
そのほか、ヒレグロ(やまがれい)、ニギス(沖ぎす)、クロザコエビ(もさえび)、ミズダコ等が揚がっていました。
ヒレグロ(やまがれい、べらんすがれい) ニギス(沖ぎす)
クロザコエビ(もさえび) ミズダコ
珍しいところでは、黄金のオニオコゼ、40cm級の巨大イズカサゴがいました。
金色のオニオコゼ イズカサゴ