当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.

県営発電施設PFI事業

 県は、戦後の電力不足解消のため、また近年では県内での再生可能エネルギーの安定供給のため、これまでに水力、風力、太陽光の21箇所の発電所を整備し、運営を行っています。
 昭和30年代前半から40年代前半にかけて整備された水力発電所は、運転開始後半世紀以上を経過し、更新が必要な状況にあります。
 現在、国では、再生可能エネルギーの普及、安定供給のため、再生可能エネルギーの新規開発、既存施設の更新を行った発電所の電力をそれらの投資コストを含めた価格で買い取る制度(FIT制度)を実施しています。
 更新には多額の費用がかかりますが、このFIT制度を適用することにより投資コストの回収がより確実なものとなります。
 しかし、更新には多額の費用のほか、一時的に多数の専門職員の配置や長期にわたる整備期間を必要とするため、経営面での不安要素を多く抱えることとなります。
 そのような状況の中で、PFI方式を採用し、民間事業者の経営資源及びノウハウを前面に活用することで、現在のFIT制度を適用した更新が可能となり、投資コストの確実な回収とともに県内における再生可能エネルギーの長期安定供給を図ることができるものと考えています。
 また、コンセッション方式により、発電所の運営を民間事業者に任せることで、収入変動や自然災害等の経営リスクを官民で適切に分担することに併せ、民間事業者ならではの創意工夫の活用が可能となり、県として長期安定的な収益確保が可能になるものと考えています。
 さらに、PFI(コンセッション)方式とした場合、県が直接整備、運営した場合よりも26億円程度の金額的なメリットも期待できます。
 これらのことを踏まえ、本事業はPFI(コンセッション)方式で実施するものです。
(平成31年3月27日)   
(平成29年11月10日公開)
メンテナンスのため、9月27日(日) 8時45分~14時10分(予定)の間、閲覧できない状態が数回発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

日野川第一発電所現地見学会(開催済)

県営発電施設PFI(コンセッション)現地見学会(開催済)

県営水力発電施設のPFI・コンセッション導入に向けた事業説明会

県営発電施設PFI事業に係るアドバイザリー業務について


企業局トップページ
電気事業
現在の発電状況
各発電所の情報
発電所の見学
県営発電施設PFI
工業用水道事業
鳥取地区工業用水道
日野川工業用水道
埋立事業
竹内工業団地
旗ヶ崎工業団地
調達情報・企業財産売却情報
現在公告中の調達情報
発注見通し
企業財産売却情報
事業概要・財務情報等
事業概要
財務情報
経営プラン
会計年度任用職員の採用

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000