交通政策課のホームページ


外部リンク

tabi
ANA鳥取多美(たび)

バスネット
バスネット

JRおでかけネット
JRおでかけネット

山陰いいもの探県隊バナー
山陰いいもの探県隊

智頭急行株式会社
智頭急行株式会社

若桜鉄道株式会社
若桜鉄道株式会社

昭和
「昭和」公式サイト(若桜鉄道株式会社)


ANA
ANA(全日空)

香港
香港航空



1 新余部橋りょう供用開始(平成22年8月12日から)

余部橋りょう架替事業については、平成17年度から実施してきたところですが、平成22年8月12日(木)から新橋りょうが供用開始しました。
当日は、午前6時半過ぎに一番列車が新しい橋を渡りました。
新橋りょう周辺では、関係者による完成記念式典や地元による記念イベントが行われました。

2 事業の概要

 山陰本線余部鉄橋は、昭和61年12月に発生した列車転落事故以降、強風による運行規制が25m/sから20m/sへと強化された。これにより列車の遅延・運休がたびたび発生し、沿線地域の通勤・通学や経済活動に大きな影響が出ている。
 このため、山陰本線の余部鉄橋の安全性及び定時性を確保するとともに、今後の鳥取~城崎温泉間の高速化推進と広域観光の連携強化に資することを目的に、JR西日本が行う橋りょう架替事業に対し、兵庫県及び関係市町村と共同で所要の支援を行う。

※列車抑止の現状(H6~H15の年平均値)及び架替後の効果

風速規制値

抑止回数
(回/年)

30分以上遅延 
列車本数(本/年)

運休本数
(本/年)

遅延時間
(時間/年)

現行(20m/s)

120

168

84

131

架替後(30m/s)

13

10

3 事業内容

・事業主体  JR西日本
・橋りょう形式  橋長L=307m、橋高H=41.5m エクストラドーズドPC橋
・総事業費  30億円
・事業期間  平成17年度~平成22年度
・年度別事業費

年度

~H17

H18

H19

H20

H21

H22

事業費
(百万円)

64

320

400

500

650

1,066

3,000

4 事業費負担スキーム

 事業費30億円に対して、JR西日本が6億円を負担。残りを兵庫県、鳥取県及び両県の沿線市町村において、事業主体であるJR西日本に対して助成を行う。

総事業費 30億円

JR負担額
6億円

地方自治体 24億円
(鳥取:兵庫=2:8)

鳥取県側 4.8億円

兵庫県側 19.2億円

鳥取県
3.2億円

県内市町村
1.6億円

兵庫県 12.8億円

沿線市町 6.4億円

5 事業スケジュール

6 リンク

  

余部鉄橋

  

最後に本ページの担当課    鳥取県地域振興部 交通政策課
    住所  〒680-8570 鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71000857-26-7100
         ファクシミリ  0857-26-8107
    E-mail  koutsuuseisaku@pref.tottori.lg.jp