メンテナンスのため、9月28日(火)及び29日(水)午前1時以降、一時的に閲覧できない状態が発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。
 急な予定の変更や毎回変わる活動は、見通しがつかないことなので苦手です。そのため、反対に「部屋に入る前に必ず靴を裏返す」等の行動がパターンやこだわりになることもあります。
 しかし、あらかじめ決められたルールや手順などをいったん理解し、納得すればスムーズに行動できるようになることがあります。
  

最初に正しいやり方を伝える

 その他に、感覚のとらえ方が過敏過ぎたり、反対に鈍すぎたりすることがあります。過敏性がある場合、決して無理強いをしないこと、強い刺激は控えるといった配慮が大切になります。
 どんな場合でも、本人に理解できる方法で伝え、本人ができるだけ失敗しないように支援し、成功感、成就感を持たせることが大切です。
本人に理解できる方法で、見通しや手順などを教え、成功感、達成感を持たせましょう。

あらかじめ見通しを伝える

 本人が理解できる方法で「いつ」、「どこで」、「誰と何をするか」、「終わったらどうなるか」といった見通しを伝えましょう。
  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000