統計課のホームページ

I 調査の概要

I 調査の概要

 平成8年社会生活基本調査は、国民の生活時間の配分及び自由時間等における主な活動について調査し、国民生活の実態を明らかにすることにより、各種行政施策の基礎資料を得ることを目的として、総務省統計局が平成8年10月に実施した。
 社会生活基本調査は、昭和51年の第1回調査以来5年毎に実施しており、今回の調査は5回目に当たる。
 調査対象は、全国の世帯から無作為に選定した約7.7万世帯(鳥取県では約1,400世帯)にふだん住んでいる10歳以上の世帯員約20万人(鳥取県では約4,000人)である。
 本書はこの鳥取県分を中心に概要をとりまとめたものである。
 なお、調査は10歳以上の者が対象となっているが、以前の調査が15歳以上の者を対象としていた関係から時系列比較上公表結果は主として15歳以上としている。


【用語】
○ 1次活動 睡眠、食事など生理的に必要な活動
○ 2次活動 仕事、家事など社会生活を営む上で義務的な性格の強い活動
○ 3次活動 上記以外で各人が自由に使える時間における活動
○ 行動者数(利用者数) 平成8年10月より過去1年間に、該当する種類の活動
(利用)を行った者(10歳以上(15歳以上))の数
○ 行動者率(利用者率) 10歳以上(15歳以上)人口に対する行動者(利用者)数の 割合(%)
  

最後に本ページの担当課    鳥取県 令和新時代創造本部 統計課
    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-71030857-26-7103    
    ファクシミリ  0857-23-5033
    E-mail  toukei@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000