当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
健康政策課のホームページ

ノロウイルスの消毒のポイント

ノロウイルスの消毒方法

ノロウイルスを完全に失活する方法としては、以下の方法があります。
次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)
加熱(85度以上の熱湯で1分以上)
  (75度以上の熱湯で5分以上) 

※手指は流水と石けんできれいに洗い流しましょう

  

消毒液(次亜塩素酸ナトリウム)の作り方

  1. 消毒剤の塩素濃度は、5%や10%のものなどがあります。使用の前には必ずご確認ください
  2. 市販されている次亜塩素酸ナトリウム液を含む塩素系漂白剤でも代用できます。
  3. 下記の使用上の注意も必ずご確認ください
  消毒液1000ppm(0.1%) 消毒液200ppm(0.02%)
5%原液の場合 50倍に希釈 250倍に希釈
6%原液の場合 60倍に希釈 300倍に希釈
10%原液の場合 100倍に希釈 500倍に希釈
使用する場合 吐物・便で汚染された場所や衣類の消毒 調理器具・床、トイレのドアノブ・便座などの消毒

(例)市販の漂白剤(塩素濃度約5%)の場合、漂白剤のキャップ1杯は、約25CCです。

消毒液の作り方図


消毒液(次亜塩素酸ナトリウム)使用上の注意

商品に記載してある使用方法をよく確認して使用するほか、次のことに注意してください。

  • 原液が皮膚又は衣類に付いた場合、直ちに水で洗い流しましましょう。

  • 鉄製又はメッキの物は、サビたり変色するので、原則使用しませんが、使用した場合は、使用後にしっかりと水で洗い流すか、拭き取ってください。
  • 合併浄化槽の施設は、そのまま消毒液を流すと、浄化槽の中の有益な微生物を殺してしまうことになりますので、十分に希釈して流しましょう。
  • 食べ物のかす等が付着している場合、消毒効果が著しく低下します。
  • 原液の保管は、冷暗所で子どもの手の届かない場所で。
  • 混ぜると危険です。他の薬剤(強酸性の薬剤例:トイレ洗浄剤など)と混ざると強毒のガスを発生します。
  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8143
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp