当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
メンテナンスのため、9月27日(日) 8時45分~14時10分(予定)の間、閲覧できない状態が数回発生します。詳細は、お知らせをご覧ください。

中小家畜試験場の沿革

昭和37年 4月 米子市両三柳に中小家畜試験場を設置

           (庶務係・養豚係・養鶏係・飼料係)

昭和45年 4月 庶務係を総務課と改称

昭和46年 1月 西伯郡西伯町絹屋に放牧養豚科を新たに開設

昭和51年 5月 放牧養豚科を繁殖科と改称

昭和54年 5月 西伯郡西伯町北方に移転

           (総務課・養豚科・養鶏科・飼料科)

平成15年 7月 施設整備計画に基づき1課、2室に再編

           (総務普及課、養豚研究室、環境・養鶏研究室)

平成16年 8月 施設整備を開始

平成16年10月 町村合併により町名変更

平成18年 3月 絹屋分室を廃止

平成20年 4月 農業・林業・園芸・畜産・中小家畜の農林関係5試験場及び農林水産部農林総合技術研究院を統合し、鳥取県農林水産部農林総合研究所とする。組織改正により、総務普及課は同所企画総務部に統合。鳥取県農林水産部農林総合研究所中小家畜試験場は2研究室(養豚研究室、環境・養鶏研究室)に機構改革

平成26年 4月 鳥取県農林水産部農林総合研究所が廃止され、鳥取県中小家畜試験場として改組

  

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000