当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
 県民文化の向上発展に資することを目的として、優れた文化芸術活動により広く文化の振興に功績のあった方の功労をたたえる鳥取県文化功労賞について、令和元年度受賞者を決定し、表彰式を開催しました。
  

令和元年度受賞者

安部 朱美(あべ あけみ)さん

分野

創作人形

略歴等

 創作人形分野において、試行錯誤して独自の技法を確立し、新たな世界を切り拓いてきた。人形をとおして「愛」「絆」「和み」を表現し、県内外で展示・講演活動やギャラリートークなどを精力的に行っている。また、平成20年度頃まで、20年以上にわたって創作人形教室を開き、多くの人に人形作りの魅力を伝えてきた。

 平成19年に「宝鏡寺門跡人形展50周年記念人形公募展」大賞を受賞した作品≪かあちゃんよんで≫は、平成22年に国民読書年ポスターに採用される。同年からは、全国巡回展が開催され、平成29年には国立の博物館である昭和館において≪青空教室≫という作品が常設展示された。また、国内にとどまらず国外にも作品を出展し、フィリピン・モンテンルパ博物館では≪平和への祈り-アリシアと3人の愛児たち≫という作品が常設展示されている。

 大山開山1300年祭に当たって「大山の大切な節目として多くの人に祝ってもらいたい」という思いから≪御幸(神輿行幸)≫を制作。交流レセプション、大山寺参道のサンセットカフェ等で展示され、現在は、米子市立山陰歴史館に常設展示されている。

大西 瑞香(おおにし みずか)さん

分野

音楽

略歴等

 昭和60年から筝曲集団「綸(いと)の会」を主宰。平成18年、流派を越えて邦楽演奏家が集う和楽器集団「とっとり邦楽合奏団」を創設。公演活動のみならず、県内の小学校等において演奏やワークショップを行い、和楽器を通して若い世代への伝統音楽の継承に尽力している。

 鳥取県総合芸術文化祭(とりアート)で上演された「朝日座」「倉吉・ダブルストーリー」等において作曲・演奏を担当し、このうち「朝日座」で作曲した≪米子八景≫はCD出版され、広く鑑賞されている。

 全国で、筝曲のほか洋楽器とのコラボレーションなどジャンルを越えた演奏活動を展開するほか、国外での公演も行っている。特に、平成25年にフランス・サンモーリス国立音楽院からの招聘により尺八奏者 古屋輝夫氏との公演を行って以降、毎年パリで開催される「筝・尺八デュオリサイタル」に出演するとともに筝の指導に当たり、国外における邦楽の普及にも寄与している。

 大学等で音楽教育に従事するほか、島根県出土の古代琴の復元・演奏や「日韓の伝統音楽教育」についての論説執筆など、様々な教育・研究活動に取り組んでいる。

表彰式の様子

令和元年11月27日(水)に表彰式を実施しました。
 表彰式には、受賞者2名が出席し、平井知事から表彰状及び副賞を授与後、受賞者を代表して安部朱美氏から謝辞がありました。

1 日時 11月27日(水) 午前11時40分~正午
2 会場 知事公邸(第1応接室)
3 出席者 知事、受賞者、選考委員

 選考委員
  上田京子(うえだ きょうこ)氏(有識者:文芸)
  福島多暉夫(ふくしま たきお)氏(写真家)
  前田昭博(まえた あきひろ)氏(陶芸家)
  柴山抱海(しばやま ほうかい)氏(書道家)※欠席
  白石由美子(しらいし ゆみこ)氏(声楽家)※欠席

令和元年度受賞者
 記念撮影

安部朱美氏
 安部 朱美 氏

大西瑞香氏
 大西 瑞香 氏
  

最後に本ページの担当課
   鳥取県 地域づくり推進部 文化政策課
   住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
   電話  0857-26-71250857-26-7125    
   ファクシミリ   0857-26-8108
    E-mail  bunsei@pref.tottori.lg.jp

Copyright(C) 2006~ 鳥取県(Tottori Prefectural Government) All Rights Reserved. 法人番号 7000020310000