当サイトではIE10未満のブラウザがご利用いただけません。Browsers with IE10 less can not be used on this site.
健康政策課のホームページ

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業

 平成30年12月から肝がん・重度肝硬変入院医療費の助成制度「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業」がはじまります。肝がん・重度肝硬変による入院医療費が高額療養費に達した月が過去12月において3ヶ月以上に達した方を対象に、4ヶ月目以降の入院医療費の自己負担限度額を1万円に軽減します。

 

 お住まいの地域の保健所で参加者証の交付申請の受付をおこないます。

 各種申請書類の受付、各種お問合せ等の窓口は、次の総合事務所福祉保健局(保健所)又は鳥取市保健所となります。
窓口 住所 電話番号 ファクシミリ 
鳥取市保健所  鳥取市富安2丁目104-2  0857-22-5694  0857-22-5669
中部総合事務所福祉保健局(倉吉保健所)  倉吉市東巌城町2  0858-23-3145  0858-23-4803
西部総合事務所福祉保健局(米子保健所)  米子市東福原一丁目1-45  0859-31-9317  0859-34-1392
  

事業の概要

次の項目1~6をすべて満たす方が対象です。


1.鳥取県内に住所を有する方
2.認定基準を満たす方
3.下表の年齢区分に応じて、それぞれ同表の階層区分に該当する方
(注)65歳以上75歳未満であって後期高齢者医療制度に加入している方のうち、後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方を含む。平成26年3月31日以前に70歳に達している1割負担の方を含む。

年齢区分

階層区分

70歳未満

医療保険者(介護保険法(平成9年法律第123号)第7条第7項に規定する医療保険者をいう。)が発行する限度額適用認定証又は限度額適用・標準負担額減額認定証の所得額の適用区分がエ又はオに該当する方

70歳以上75歳未満

医療保険者が発行する高齢受給者証の一部負担金の割合が2割とされている方

75歳以上(注)

後期高齢者医療被保険者証の一部負担金の割合が1割とされている方

4.指定医療機関において肝がん・重度肝硬変による入院医療費が高額療養費に達した月が過去12月において3月以上である方
5.各種医療保険法のいずれかに加入している方
6.厚生労働省の治療研究に参加することに同意し、臨床調査個人票及び同意書を提出された方

申請方法

事業の概要の1~6の要件を満たす方で、当該事業の参加を希望する方は医療費助成を受けることができます。
医療費助成を受けるためには、事前に参加者証の交付申請を行う必要があります。

【申請を行うことができる方】
・B型肝炎ウイルスまたはC型肝炎ウイルスに起因して肝がん・重度肝硬変となられた方
・上記の肝がん・重度肝硬変の治療のため直近12月以内に既に3月以上入院し、高額の医療費(※)を支払われた方
・当該事業の趣旨に御理解いただき、臨床データの研究利用に同意いただいた方

※高額の医療費とは、高額療養費が支給された月を指します。

【必要書類】
●申請者が記入する書類
1 交付申請書(様式第1号)Word(23kb)・PDF(151kb)
2 同意書(様式第1-2号)Word(19kb)・PDF(42kb)

●医療機関で作成していただく書類
3 臨床調査個人票及び同意書(様式第2号)Excel(25kb)・PDF(109kb)
4 入院記録補助票(様式第6号付表) または 入院医療記録票(様式第6号)
 入院記録補助票(鳥取県内専用)
  通常バージョン(PDF:113kb)
  トリピーバージョン(PDF:127kb)
  げんきトリピーバージョン(PDF:122kb)
  
  ※げんきトリピーは県民の健康を願う県のマスコットキャラクターです。
   ◆◆げんきトリピーのプロフィールはこちら◆◆

 入院記録票(全国共通)Excel(18kb)・PDF(84kb)

●その他の添付書類
5 住民票の写し
6 申請者の方の被保険者証等(高齢受給者証、後期高齢者医療被保険者証)の写し
7 限度額適用認定証等(限度額適用・標準負担額減額認定証)の写し
  ※限度額適用認定証が発行されない方(70歳以上の方で、住民税が非課税でない方)は添付不要です。
8 住民税課税・非課税証明書
  ※70歳以上の方で、住民税が課税されている方のみ


指定医療機関について

入院患者が医療費助成を受けるためには、入院している医療機関が当該助成制度の指定医療機関に指定されている必要があります。(肝がん・重度肝硬変の治療を行うことのできる医療機関であること以外に特に要件はありません。)

院内において対象となり得る方がおられる場合は、指定申請についてご検討いただくとともに、対象者並びに院内での周知にご協力いただきますようお願いいたします。

なお、2020年3月31日までに指定を受けた場合、平成30年4月1日を限度として、1年前から指定を受けていたものとみなして適用することができます。(公費の請求ができるのは、実際に指定を受けた日の属する月の初日以降となります。)


指定医療機関の役割について

指定医療機関の役割

  1. 肝がん・重度肝硬変患者がいる場合、本事業についての説明及び肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業入院医療記録票の交付を行うこと
  2. 対象医療について入院記録票の記載を行うこと
  3. 患者から依頼があった場合には、肝がん・重度肝硬変入院医療に従事している医師に臨床調査個人票等を作成させ、交付すること
  4. 指定日以降に本事業の対象となる肝がん・重度肝硬変入院関係医療(高額療養費が支給されたものに限る。)が行われた場合には、公費負担医療の請求医療機関として公費の請求を行うこと。
  5. その他、指定医療機関として本事業に必要な対応について協力すること

指定医療機関の指定について

指定医療機関の役割を担うことができる医療機関で、肝がん・重度肝硬変入院医療を行うことができる医療機関は指定医療機関として指定を受けることができます。
指定を希望される場合は次の書類を県健康政策課に提出してください。

●指定申請書(様式第8号)Word(21kb)・PDF(85kb)
●変更(辞退)届(様式第8-3号)Word(20kb)・PDF(57kb)

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業による指定医療機関[令和元年5月13日現在]

医療機関名

住所

電話番号

烏取赤十字病院 烏取市尚徳町117 0857-24-8111
烏取県立中央病院 鳥取市江津730 0857-26-2271
烏取生協病院 鳥取市末広温泉町458 0857-24-7251
鳥取市立病院

鳥取市的場1-1

0857-37-1522
岩美町国民健康保険岩美病院

岩美郡岩美町浦富1029-2

0857-73-1421
国民健康保険智頭病院 八頭郡智頭町智頭1875  0858-75-3211 
鳥取県立厚生病院  倉吉市東昭和町150 0858-22-8181
医療法人里仁会北岡病院  倉吉市明治町1035-5 0858-22-3176 
鳥取県中部医師会立三朝温泉病院  東伯郡三朝町山田690  0858-43-1321 
鳥取大学医学部附属病院 米子市西町36-1 0859-33-1111 
労働者健康安全機構山陰労災病院 米子市皆生新田1丁目8-1 0859-33-8181 
博愛病院 米子市両三柳1880 0859-29-1100 
鳥取県済生会境港総合病院  境港市米川町44 0859-42-3161 
南部町国民健康保険西伯病院 西伯郡南部町倭397 0859-66-2211 
日南町国民健康保険日南病院  日野郡日南町生山511-7 0859-82-1235 
日野病院組合  日野郡日野町野田332 0859-72-0351 

  

最後に本ページの担当課    鳥取県福祉保健部
             健康医療局 健康政策課

    住所  〒680-8570
             鳥取県鳥取市東町1丁目220
    電話  0857-26-72270857-26-7227    
    ファクシミリ  0857-26-8143
    E-mail  kenkouseisaku@pref.tottori.lg.jp